国内で新婚旅行の平均予算はいくら?

ハワイやグアムなど、新婚旅行は海外で過ごしたいと思っても、結婚式や披露宴で費用がかかったので抑えたいというカップルは多くいます。

また、最近は共働きのカップルも増えているので、仕事の都合のため国内で済ませたいという方々も多いです。

国内で人気の新婚旅行先は、沖縄や離島などで、のんびり過ごしたいというカップルに人気を得ている場所です。

スポンサードリンク

国内旅行の低価格の割りには、美しい海と自然を堪能できますし、贅沢に時間を過ごせます。

いつもよりワンランクアップしたホテルに泊まっても、平均予算は15万円前後で済みます。

観光名所の多い沖縄なので、様々な場所へ行って観光を楽しめます。

また、マリンスポーツもでき、ダイビングで色んな魚介類を見たり、泳ぎながら美しい海の中と2人で散策できます。

水上スキーやパラセーリングなどのマリンスポーツもあります。国内旅行は、人気のリゾート地でも2人で30万円前後で行けますし、満喫できる旅をすることが可能です。

ハワイへの新婚旅行!安い時期とおすすめホテルは?

新婚旅行先としても人気の高いハワイですが、できるのであれば安い時期に合わせられるのであれば時期を選びたいものです。

ハワイへの新婚旅行が安い時期としては、お正月明けの1月上旬から2月、4月からゴールデンウイークまで、ゴールデンウィーク明けの5月上旬から6月、10月中旬から11月、12月のホノルルマラソン後からクリスマスまでの間が特に安くなります。

1月は3日を過ぎると非常に安くなるでしょう。

2月は日本の冬と同じようにハワイも気温が低く、気候が不安定だということもあり、1カ月間ほぼやすい状態が続きます。

5月のゴールデンウイークでは年間の中で最高に高くなりますが、その直後からは値段は大幅に下がります。

10月はハワイも気候の変化を迎える時期であるため、そこそこやすくなるでしょう。さらに11月も比較的安値が続きます。

新婚旅行でおすすめホテルとしては、オアフ島のシェラトンワイキキホテルや、ロイヤルハワイアンホテルなどがあげられます。

新婚旅行でのトラブル回避!英語ができないなら覚えておきたい例文

結婚式が終わってからの一大イベントと言えば、新婚旅行です。

ハワイやグアム、アメリカ本土のニューヨークやカルフォルニア、サンフランシスコ等に出かけるカップルは多く、ハネムーンを夫婦水入らずで過ごす男女は数多いです。

 

英語圏に新婚旅行へ出かけると、しばしばトラブルに見舞われます。

現実問題として日本人カップルの多くが英会話を苦手としており、英語ができない事が原因でトラブルに巻き込まれています。

英語ができないカップルでも、とりあえずは次のようなフレーズだけはマスターしておきましょう。

例えば、「We can not speak English.」です。

突然外国人に話しかけられても、「私たちは英語が出来ない」と意思表示をすれば無駄なトラブルは回避出来ます。

また空港やホテル等で米国系のスタッフに強引に事を運ばれそうになった時は「We are Japanese.Please call the Japanese staff!」と返答し、日本人スタッフに交代してもらいましょう。

覚えておきたい例文は多々ありますが、優先度の高いものからマスターするのがオススメです。

スポンサードリンク