小学校での教育実習 子供達と仲良くなれる自己紹介の例

教育実習では初日に気を配りたいことは、自己紹介です。

とくに、小学校での教育実習の場合は、児童は子供で幼いですので子供が興味を持ちそうなことを例に挙げながら挨拶をすると良いでしょう。

教育実習生といっても、小学生では教諭である大人と、どうちがうのか理解しきれていないので、

スポンサードリンク

先生が増えたと思って構えているところがありますので、笑顔を絶やすことなく行うのがポイントです。

 

具体的には、自身の出身小学校で教育実習をする場合は、自分はこの小学校の卒業生で先輩であることをまず伝えると、多くの児童が身近な存在に感じてくれるでしょう。

当時を思い出して、最寄りの遊戯施設や川や山といったところをあげてそこで遊んでいましたよ、ということを伝えると親近感を感じてくれることでしょう。

また、休憩時間には外でボール遊びをしたり、室内で工作のようなことが出来るのを楽しみにしている旨を伝えるのも良いでしょう。

真面目な話よりもお兄さん、お姉さんの立場で自己紹介を行うことが子供達と早く仲良くなれるかと思います。

ジャージ?スーツ?教育実習での服装について

教育実習での服装は基本的にはスーツを着用するのが一般的です。

実習と言う学校の講義の延長上の意識を持つ人も多いのですが、勤務する学校や実際に講義を受ける生頭から見た場合には

あくまでも先生と言う立場になるため、それにふさわしい服装が求められます。

また他の先生方から見た場合に不快感を与えないことを意識する必要があるため、スーツを着用するのが礼儀です。

ただし実習の科目の中には運動をしなければならない場合もあるため、この場合にはジャージを着用するのも必要になります。

そのため教育実習の際にはスーツとジャージを両方用意することが必要です。

 

実習先の学校によっては服装が指定される場合があるため、その場合にはその指定に従うことが必要です。

特に指定がない場合には基本的にスーツを着用し、ジャージは着替えとして持参するのは非常に良い方法です。

この際に靴もビジネスシューズを履き、スニーカー等の運動靴を持参するとどのような状況にも対応できます。

教育実習のお礼状 出さないでもいい?いつまでに出す?

教員を目指す誰もが経験する教育実習、終了した後にも大切なことがあります。

それは、お世話になった学校関係者の方にお礼状を出すことです。

改まった手紙を書いたことがない人にとっては気が重いかもしれませんが、出さないという選択肢はありません。

たとえ上手に書けなくても、感謝の気持ちを込めて丁寧に書くことが重要です。

 

お礼状には、いつまでに出さなければならないという期限はありません。

しかし、あまりにも遅くなってしまうと失礼になりますし、自分も送りづらくなってしまいます。

目安としては、教育実習が終わった翌日以降から2週間と考えておきましょう。

もし万が一目安の期間を過ぎてしまった場合でも、「遅くなって申し訳ありません」と一言付け加えれば大丈夫です。

 

一番大切なのは、心を込めて自分が感じたままを伝えることです。

実習中の思い出はもちろん、現在の自分の様子・今後の抱負なども一緒に書くと指導教員の先生に喜んでもらえる内容になります。

校長先生や子供達へのお礼状も同様ですから、形式にこだわり過ぎずに自分らしいお礼状を作成してください。

スポンサードリンク