教員免許に種類があるの?教科と級について

教員免許は国家資格になります。

自分の教鞭を取りたいと思う学校によって取得すべき教員免許の種類が変わりますので注意が必要になります。

幼稚園、小学校、中学校、高等学校や特別支援学校まで、自分が就職を希望する学校の種類によって教員免許は変わります。

スポンサードリンク

また、中学校と高校の教員免許に関しては教科毎の免許になりますので、自分が大学や大学院で専攻していた教科を主に教えることになります。

 

法律が改正される前は、教員免許1級、2級というように言われていましたが、現在は専修免許、1種と法律が改正され変更されています。

大学院を卒業すると専修免許が取得出来、大学を卒業すると1種免許が取得出来ます。

また、二種免許に関しては短期大学を卒業すると取得することが出来、教えることが出来るのは小学校と幼稚園になります。

もし高校で教鞭を取りたいと希望される場合は4年制大学もしくは大学院までの進学を視野に進路を定める必要があります。

教員免許更新はいつ?費用は?免除される?

教員免許更新については、利用する大学によって、いつから応募期間が始まるのか、費用はどれくらいかかるのかということが異なります。

実施する団体はほとんどが大学ですが、受講対象者がほぼ現職教員のみとなるため、8月などの小中高等学校が休暇に入る期間に行うところが多く見られます。

 

費用としては選択で5000円から6000円、必修で10000円から12000円程度が平均と言えるでしょう。

大学によっては手数料が必要なところもあり、受講後には教育委員会へ申請するためにも費用が発生します。

それ以外にも交通費や、場合によっては宿泊費や食費などが必要になることもあります。

文部科学省のホームページで、どの団体が、いつ、何の行使を行うかということが掲載されているので、自分で確認をするようにしましょう。

 

教員免許更新の免除対象者としては、校長や教頭、主幹教諭などの教員を指導する立場にあるものや優秀教員表彰者が挙げられます。

優秀教員表彰を受けた後の一回のみが免除の対象となります。

教員免許を通信教育で取得する場合のかかる期間と費用について

教員採用試験は、人気である為に毎年難関の試験となっています。

独学でも試験は受けられますが、実績とノウハウがある通信教育を行っている学校を選択する事もできます。

 

通信の学費は、通常の大学の学費に比べれば驚くほど安い特徴があり、多くの方が利用してます。

それでも高い費用は必要で、教員免許取得までに最低限必要な費用は50万円程度です。

有名大学が通信大学として提供しているもので、初年度には入学金や入学選考料金が含まれます。

教員免許は、4年制大学でも教育大学でも、更に通信教育でもどこで取得したかは関係が無く実際の教育現場で差別を受ける事はありません。

 

免許取得までの時間は人それぞれで、決められた単位を消化して課題の提出をする必要があります。

忙しい時間を利用して行うので、最短で1年の期間にて合格できる多々もいれば、数年間と長くかかる方もいます。

しかし、期間が長ければそれだけ費用も莫大となり、精神面でも大変です。

 

スポンサードリンク