スポンサードリンク

指紋認証のiphoneやWindows10の認証失敗の時に慌てずに解除する方法とは?

以前はSFの世界の技術だった指紋認証ですが、既に私たちの社会に多く取り込まれています。iphoneやwindows10などが顕著ですが、最新鋭の技術を貪欲に採用しており、一般消費者でも気軽に素晴らしいセキュリティシステムを体験出来ます。

指紋を登録すれば本人にしかロック解除が出来なくなります。個人情報の塊であるノートパソコンやスマートフォンがより強固になるのが利点です。

ただ最新技術なので若干不具合が残っているのも事実で上手く自分の指紋が認証されないトラブルがしばしば起きます。

スポンサードリンク

その場合の改善策ですが、まずは落ち着いて再び読み取りをしてみましょう。一度や二度のエラーで焦りは禁物です。

同じ人物でも指紋は右手と左手で違います。

人差し指と中指でも違っており、エラーが出る原因はもしかしたら認証させる手や指を勘違いしている恐れがあります。

絶対に手や指は間違っていないのに認証がクリアできない、そんな場合は一度手を洗ってみましょう。

汗や皮脂汚れ、油性ペンの汚れなどが付着しているとリーダーが正しく本人の物として認識出来ません。

僅かな汚れでも機器は敏感に反応します。

また冬場などは指先が乾燥し過ぎて認識が失敗する事もありますので、その場合は一度保湿をしたりハンドクリームで乾燥を予防してから再チャレンジすべきです。

指紋認証の玄関ドアに関し防犯面で普通のカギタイプとの違いはあるのかをまとめてみた。

指紋認証のカギは、かつては玄関ドアへの取り付けに高額の費用がかかるので、一部の人しか利用していませんでした。

しかし近年では、本体や工事の価格が下がって利用しやすくなったため、利用する人が増えてきています。

指紋認証の玄関ドアが防犯面で普通のカギタイプとどこが違うのかを考えると、指紋を登録した人しか開けることができないという点が特に重要だと言えるでしょう。

普通のカギタイプの玄関ドアは、それに合ったカギさえ持っていれば誰でも開けて中に入ることができるため、この点は防犯面でとても大きなメリットとなります。

例えばカギを落としてしまい、それを拾った人に悪用されてしまったり、知らないうちに誰かに合いカギを作られてしまったりといった問題が生じないのです。

普通のカギのように普段持ち歩く必要がないので、紛失や盗難の心配をすることもなくなります。

また、普通のカギタイプの玄関ドアには、当然ですがカギを差し入れるための穴が存在しています。

その穴が、ピッキングのような犯罪者が家の中に入るための手段に悪用されてしまうことは少なくありません。

その点、穴の開いていない指紋認証の玄関ドアであれば、ピッキングなどの被害に遭う恐れがなくなるという点も大きな違いです。

PCに、指紋認証のセッティングのやり方をまとめてみた。

PCそのものには、指紋認証を設定するような機能は搭載されていません。

しかし、PCにインストールした最新のOSには指紋認証を行ってくれる機能が搭載されているものもあります。

これを利用すると、簡単に情報を認識してくれるようになりますので指紋情報を登録することができます。

特に、マイクロソフト社が提供しているwindowsを利用して実施する場合には、Windows Helloというシステムを利用することになります。

上述のように、パソコンそのものには高度な情報を認識するような機能はありませんので、外付けの指紋認証をリーダーを利用してOSのシステムを使うのが一般的となっています。

小さな端末でも構いませんので、指紋認証リーダーを付けると該当するOSの機能が反応しますので、後は設定を行うだけです。

外付けリーダーは、パソコンに接続するだけで自動でドライバーをダウンロードしてインストールしてくれます。

それが終わると、Windows側の機能に指紋認証のシステムが自動で追加されますので、センサーに指紋を当てて登録すれば完了します。

仮に、サイン時に失敗をしてもPIN入力などでサインインは可能なので安心して問題ありません。

スポンサードリンク