スポンサードリンク

心筋梗塞の前兆を知るための、チェックリストについて調べてみた。

心筋梗塞とは、心臓の冠状動脈(心筋に酸素や栄養を送るための動脈)に血液が流れない状態が続くことによって、心筋が壊死してしまう病気です。

動脈硬化や血栓によって冠状動脈が詰まってしまうことが原因です。

現在日本では年間でおよそ25万人が急性心筋梗塞を発症しているといわれています。

スポンサードリンク

その症状の特徴を理解し、発症の前兆をとらえるためのチェックリストをまとめました。

1.狭心症の発作による胸の痛み
突然耐えられないほどの胸の激痛に襲われます。

15分以上続くなら、心筋梗塞の疑いがあります。

2.放散痛(病気の部位とかけ離れた部位に痛みが出ること)により首が痛んだり、左肩や背中、左腕から小指にかけて痛んだりすることがあります。

一見無関係な部位に症状が出るため、心筋梗塞を見逃しやすく、注意が必要です。

3.あごや歯が痛む。
これも放散痛によるものです。

4.げっぷやしゃっくり、吐き気やむかつき。

5.ゼーゼーという呼吸音や喉がつかえるような違和感。

6.冷や汗

7.不整脈

8.だるさ

9.頻尿

10.むくみ

11.勃起不全

これらの症状が、心筋梗塞の前兆として現れることがあります。

無関係に思える症状も多いので、注意が必要です。

心筋梗塞の症状や、後遺症についてまとめてみた。

心筋梗塞は、突然死の原因の一つとしても知られる恐ろしい病気です。

一体どんな症状なのか、もし自分や周囲の人が心筋梗塞になった時のために知っておいた方がいいですね。

症状として多いのが、胸の激しい痛みと苦悶感です。

これが約15分以上続きます。

この時に顔面蒼白になったり冷や汗などの症状が出るので、該当する症状が出た場合は速やかに救急車を呼びましょう。

心筋梗塞の死亡率は約30%ですが、もし死を免れても後遺症に悩まされる人が多いので、その点でも怖い病気です。

障害を受けた場所によって同じ心筋梗塞の患者さんでも後遺症の内容も全然違います。

具体的には失語症・言語障害・手足のまひなどで、日常生活に支障をきたす人も珍しくはありません。

感情のコントロールが効かなくなる人もいます。

でも、リハビリテーションをすることで社会復帰する人も多いですし、再発防止にもつながります。

生活習慣病でもあるので、なるべく普段から食生活などには気を付けるようにしたいですね。

心筋梗塞の予防の一環の検査ができる有名な病院をまとめてみた。

健康に気をつけている人にとって、とても怖いのが心筋梗塞ですよね。

心筋梗塞は、心臓を動かしている細胞に、酸素や栄養を供給する血管が詰まるなどして心臓の筋肉に血液が行かなくなり、心筋が壊死してしまう病気です。

この病気を事前に見つけるためには、心臓の検診が必要、ということで、検査ができる東京近郊の有名な病院をまとめてみます。

1つ目は、榊原サピアタワークリニックをご紹介します。心臓等循環器の治療で有名な榊原記念病院出身の院長先生率いるクリニックで信頼感抜群です。

2つ目は、八王子クリニックです。

こちらの病院では、マルチスライスCTという特殊なCTを使って、冠動脈の状態を確認してもらうことができるので、小さな変化も見逃さずに対応してもらうことができます。

3つ目は、予約不要でその日に検査してもらえる目黒吉田内科クリニックです。

思い立ったが吉日、すぐに検査を受けたいと思われる方におすすめです。検診の予約は取りづらいので、うれしいですね。

ぜひ参考にして心筋梗塞の検査を受けてみてくださいね。

心筋梗塞の治療にかかるお金や費用は?

日本人の死亡原因の2位が心臓病。

その約半数が「心筋梗塞」や「狭心症」などが原因です。

「心筋梗塞」は命にかかわる病気ですので、早急に治療を行うことが必要です。

 

主な治療法として「カテーテル治療」「バイパス手術」「薬物治療」があります。

もし心筋梗塞になってしまった場合、軽症の場合でも1~2週間の入院は必要です。

また治療のために集中治療室に行くことが多いです。

前述したカテーテル治療などは、専門的なものを使いますし、入院費、手術代、治療薬代を総額は数百万と医療費自体はかなり高額なものになります。

 

しかし、保険制度を活用することにより、全体の医療費の1~3割程度の支払いで済みます。

また年齢によっては、さらに支払いの負担が減ることもあります。

賢く保険制度を利用すれば、大きな出費を抑えることができます。

ただ、もともとの医療費が高額ですので、日ごろから心筋梗塞の予防もしっかりとしていくことが大事です。

心筋梗塞を予防するための食事は?

心筋梗塞になる原因の一部として、「食生活の乱れ」「運動不足」「ストレス」「喫煙」があげられます。

いわゆる生活習慣の乱れが心筋梗塞を起こす引き金になるのです。

そのため心筋梗塞の予防法として、生活習慣を改めることが大事になってきます。

 

中でも食生活は重要になります。

適正なカロリーを守り、色々な食品をバランスよく組み合わせた食事は健康の基本です。

心筋梗塞を予防する栄養成分は、「食物繊維」「カルシウム」「カリウム」「EPAやDHA」が挙げられます。

食物繊維は、便の量を増やして便秘を防ぐほか、最近では心筋梗塞の予防に役立つこともわかってきています。

心筋梗塞の予防には1日24グラムを摂取することが目標です。

カルシウムは骨や歯を構成する主成分です。

心臓を動かすために骨に含まれているカルシウムが使われます。

そのため血液中のカルシウムバランスが崩れ、心臓筋肉の収縮作用の異常などが起きます。

 

カリウムは心臓の働きを調整する成分です。

不足すると不整脈などの症状を起こすことがあります。

 

カテキンはポリフェノールの一種で、強い抗酸化作用で細胞を酸化から守ります。

EPAやDHAは、血管を拡張させるので、血液の流れをスムーズにします。

EPAやDHAを多く含むアジ、イワシ、鮭、ウナギなどの魚を食べると、心筋梗塞のなるリスクを減らすことができます。

心筋梗塞は命に関わる病気ですが、日常生活の習慣で予防できるものです。

一度生活習慣を見直し食生活も規則正しくする習慣を作りましょう。

スポンサードリンク