心室中隔欠損症の手術費用と成功確率を調べてみた。

心室中隔欠損症とは先天性心疾患の1つで1000人に3人の割合で出生していて、約半数が生後1年以内に自然閉鎖するといわれています。

本疾患は治療を必要とする先天性心疾患の約20%とされていて、胸部外科学界での過去4年間の先天性心疾患手術件数の全国調査でも本疾患は平均で19.3%と多い割合です。

手術の成功率は年々改善していて最近では95%以上あります。

スポンサードリンク

ただ、欠損孔が多数あるときは成功率もやや下がります。

重大な術後合併症の1つに徐脈を起こす完全房室ブロックがありますが、細菌は発生率も2%から3%以下に減少しています。

手術を行うときに気になるのが費用です。

18歳未満の子供だと自立支援医療という公費負担の制度が適用されます。

その場合、1ヶ月あたりの自己負担額は所得によって決まるため高額な手術費用の心配はありません。

ただ、ある一定以上所得があると制度が適用外になることもあるため、詳しい金額などを自治体に確認した方が良いです。

手術以外の検査や治療費は小児慢性特定疾患治療研究事業の公費負担制度の対象です。

対象期間は18歳までですが、継続的な治療が必要なときは20歳まで期間が延長されます。

心室中隔欠損症の新生児の原因についてまとめてみた。

心室中隔欠損症とは心臓の左右を隔てる壁に穴が開いている病気です。

生まれつきの心臓の病気では最も頻度が高いものです。

その原因として最も多いものは特発性といって明らかな原因がわからない人で、親族に同じ病気の人もいないし原因は明確ではないけれども、たまたま心室中核欠損症になってしまった人です。

その中には自然に穴が閉じてしまう人もいます。

原因が特定できるものとしては、染色体異常、つまりダウン症や18トリソミーなど、ほかの先天的、遺伝的病気に伴ってその一つの症状として心室中隔欠損症が起きてしまうことがあげられます。

これらの場合、ほかの心臓の病気を同時に併発していることも少なくないため治療は通常より難しかったり、慎重に行わなければいけないことも少なくありません。

遺伝的な病気以外では先天性風疹症候群のような母親の子宮内で受精した精子と卵子が人間の体になっていく際に、何らかの病原体に感染してしままったり、あるいは何らかのお薬が胎児に影響してしまい、心室中隔欠損症を引き起こすこともあります。

心室中隔欠損症の子供とおとなの運動制限についてまとめてみた。

心室中隔欠損症は心臓の左心室と右心室の間にある壁に穴があいている状態で、通常出産した新生児に見られます。

心臓の壁に穴が開いていると聞くと深刻な状況がイメージされますが、実際にはそれほど深刻ではなく、自然と穴が塞がっていくケースがほとんどです。

穴の状況によっては塞がらないケースもありますが、その場合でも手術によって治療することが可能となっています。

穴が塞がるまでは運動制限がかかりますが、穴が塞がれば子どもの場合においては基本的には運動などの制限はありません。

従って体育の授業などにおいては無理の無い範囲で実施が可能となります。

ただ小学校高学年から始まるクラブ活動においては激しい運動をしないことが必要となります。

また大人の場合には肥満や高血圧に注意する必要があります。

これらの症状はいずれも心臓に負担がかかりますので、そういった症状にならないように適度な運動を実施するなど、規則正しい日常生活を送ることが重要となります。

スポンサードリンク