小室圭さんご愛読!月たった2万円のふたりごはんとは

世のなかでもっとも注目されている男性に、小室圭さんがいます。小室さんは眞子様の婚約者です。そして最近は月たった2万円のふたりごはんといった節約本を購入したことでも話題になっています。

 

実際夫婦二人の食事は、そこまで多額にはならないでしょうが、月2万とはかなり節約しなければならないはずです。ただ、それが本当に現実になるのかといえば、そこまでにはならないでしょう。ただもともと皇室の方々は、とくに贅沢三昧をしているということでもないので、ごく普通の生活になるのではないかといわれています。

 

さらには税金から1億ともいわれるお金が支給されるということですから、月2万の食生活ということはないはずです。ただ、小室さんの職場は法律事務所勤務で年収300万ともいわれていますし、ごく一般的な年収ですしまだ若いということもあって、2万とはいいませんが、経済的には節約を心がけた生活になるでしょう。いずれにしても、若い二人ですから工夫した生活をしていくことでしょう。

本当に秋篠宮眞子さまは食費月2万円の生活になるのか?

先日初々しい結婚会見を開いたことで話題になっている秋篠宮眞子さまですが、結婚されたお相手は一般の方で同じ25歳なのでそこまでたくさんの収入はありません。結婚相手の小室さんは年収の想定は400万円ほどと言われており、一般的な平均年収のため皇族のような暮らしぶりをするのは難しいです。

 

小室さんは結婚会見の帰り道の本屋で、食費月2万円でおさえるお料理本を購入しましたが、実際には手当が出るのでそこまで切り詰めた生活を強いられることはないでしょう。秋篠宮眞子さまは結婚をした後も皇族の一員であることには変わらないので、皇族の手当が国から別で出ているのです。

 

しかし、それを無駄にするような生活はしなさそうに感じます。若い二人なのでこれから初めての生活が始まることになりますが、貧乏で苦しむということはないでしょう。ただし、皇族でお過ごしになられていた頃よりはいろいろな面で節約をしていかなければならないかもしれません。

眞子さまと小室圭さんのご結婚後の生活を勝手に予想してみた

皇室の方の生活というのは、国民がしるよしもないですが、最近かなり注目を浴びているのが小室圭さんと眞子様です。小室圭さんは大学時代の眞子様の同級生で、そのときから結婚を意識されていたということも驚きです。

 

二人の生活というのはどのようなものなのでしょうか?

 

小室さんは都内の法律事務所で働きながら、夜は一橋大学院で学んでいる学生さんでもあります。将来弁護士をめざしているのかどうかはわかりませんが、いまは年収300万程度といわれています。一方眞子さまも働いていらっしゃいます。つまり共稼ぎ夫婦ということになります。

 

ただ、お二人の年収がとびぬけて高収入というわけではないので、ごく普通の暮らしなのではないかといわれています。

 

皇室から嫁ぐときには、1億の資金が支給されるといわれているので、お住まいはかなりセキュリティの高いところに住まわれるでしょうが、生活はごく一般的な生活をされるのかもしれません。いずれにしてもほほえましいです。