成り?並べ方?初めての方でも分かりやすく将棋のルールを説明します

将棋は古くから愛される、日本におけるもっともポピュラーなボードゲームです。

そのルールは単純ながら奥深く、プロやアマチュアを問わず、多くの人から支持されています。

基本的には8種類20個の駒を使い、王将を奪われると敗北です。

スポンサードリンク

駒には目の前にしか進めないもの、縦や斜めに自在に動けるものなどバラエティに富んでいます。

それらを使いこなし、相手のミスを誘うことが勝負のポイントです。

 

もっとも特徴的なルールとして、駒のパワーアップがあげられます。

両者とも端から3マスは自分の陣営となり、相手の陣に攻め込むことで駒を返すことが可能です。

たとえばもっとも弱い歩兵で、成金で自在に動けるようになり、プレッシャーを与えることができます。

 

最初の並べ方としては、王将を最初に置いたのち、左右交互に設置していくのが一般的です。

プロ同士の対局ならば、駒を並べる際も順番に実施していきます。

中継などで見る機会があれば、最初から逃さず観戦していくと、多くの学びを得ることができるのでしょう。

メジャーな将棋の戦法(穴熊、棒銀、矢倉)を徹底解説

将棋にはさまざまな戦法があり、その数は100以上あると言われています。

その中でもメジャーな戦法に穴熊、棒銀、矢倉があります。

 

穴熊は端にある香車をひとつ前に移動させ、そこに王将を動かし周りを金将や銀将で囲む形で、王将が隅に作られる囲いの中に居る様が、穴に籠る熊のようだということが名前の由来です。

数ある囲いにおいて最も防備が固く、攻めるのが困難な戦法です。

 

棒銀は初心者におすすめで、飛車の前を歩と銀将で攻め進み、相手の角行を狙い一気に敵陣の突破を狙う戦法です。

攻撃力が高いので、相手の受け方次第で敵陣中に簡単に入り込むことができます。

 

矢倉は穴熊同様に囲いの一種で、角行の初期位置に王将を置き、金将、銀将で囲む戦法です。

正面からの攻撃に強い反面、側面や下部からの攻撃にはそれほど強くないという特徴があります。

特に王将の横に配置する金将を取られると、一気に弱体化してしまうので、金将が攻められる前に敵陣に攻め込むことがポイントです。

初心者におすすめの人気オンライン将棋ゲームは?

オンラインで手軽にプレイできる将棋ゲームは沢山ありますが、将棋を覚えたての初心者の場合は、人気の「ハム将棋」がおすすめです。

オンラインの将棋ゲームには対人戦と対コンピュータ戦の2種類があり、「ハム将棋」は対コンピュータ戦専用です。

ハム将棋では、駒の動かし方など初心者向けのモードによるトレーニングが可能なほか、対戦では平手だけでなく2枚落ちや4枚落ち等を細かく設定できます。

また、対戦結果によりランクも表示されるため、おおよそのレベルを知ることも可能です。

将棋を覚えてすぐのうちは、序盤でもスムーズに手を進めるのは案外難しいものです。

オンライン対戦には特有の緊張感もありますから、時間が決められている対人戦の場合、次の手を考える余裕が無く思うように打つことができないことも多々あります。

対コンピュータ戦であれば緊張感を感じることなくプレイできますし、操作方法に大きな違いは無いため、ハム将棋である程度操作方法を学びつつ、実力を積んでから対人戦に挑んでも遅くはありません。

スポンサードリンク