スポンサードリンク

楽天銀行の口座開設の流れとかかる日数について

楽天銀行の口座開設の流れは、まずはPCやスマホにて、本人確認ができる書類を用意し必要な事項を入力します。

この本人確認方法は楽天銀行のアプリを利用する方法と、配送を利用する方法があります。

楽天銀行のアプリを使用する方法は、スマホや携帯電話で楽天銀行アプリをダウンロードして、

スポンサードリンク

本人確認書類を楽天銀行アプリで撮影、送信、本人特定事項の確認が完了次第、口座開設に関する書類が郵送されますから、

必要事項を記入し、2日~2週間程度の日数で完了します。

郵便で行ってもおよそ2週間で申込みが完了します。

その後、簡単な初期設定を行うと完了となります。

 

楽天銀行の口座を持つと、コンビニATMで24時間365日利用可能となります。

またPCなどで、楽天銀行口座の残高の確認な各口座への振込みなども簡単に行えます。

そして各種サービス、例えば、宝くじやtotoの購入も行えますし、カードローンの利用、

証券会社を利用しての金融商品の購入なども簡単に行うことができるようになります。

楽天銀行の口座開設の審査に落ちた!考えられる原因は?

楽天銀行の口座開設は印鑑や収入証明などを必要としていませんから、あまり審査に落ちることは無いのですが、

楽天銀行の審査に落ちたということであれば、考えられる原因としては、入力ミスや記入ミスで間違っているケースです。

住所などを間違えていて、どこにも存在しない住所を記載しているような場合などには楽天銀行の審査に落ちることもあるでしょう。

名前に関しては入力ミスというのは実はよくあることです。

特に名前のかなが漢字と一致しないということがよくあります。

田中のふりがながたかかなどとなっていると通らないこともあるというわけです。

住所についても同様で入力ミスや記載ミスはかなりあることですから、これで楽天銀行の審査に落ちることもありそうです。

楽天銀行口座開設の申請をする時には、入力したデータに間違いがないかどうかをしっかりと確認しておいた方がいいでしょう。

反社会的な運動をしているなどのこともあるかもしれません。

犯罪歴などがあるなども反社会的勢力と考えられることもあります。

楽天銀行の振込手数料はいくら?無料になる条件とは

楽天銀行を利用している場合、オンラインバンキングを利用して振込手数料無料で銀行間振込みを利用することができます。

ただし、利用者はもれなく無料で利用できるというわけではなく条件があります。

 

楽天銀行の振込みサービス並びに入金、出金時の手数料を無料にするためには、「ハッピープログラム」に加入して条件を満たす必要があります。

もっとも安定して特典が受けられる状態にするためには、預金残高を増やす方法があります。

たとえば、残高10万円以上で毎月2回までの利用が無料になる特典を受けられるようになります。

残高が一定以上になるごとに特典が厚くなっていき、最終的には5回の振込手数料、7回の入出金利用手数料が無料になります。

 

預金残高による方法以外ならば、取引回数による方法があります。

入出金や振込みで手数料が発生するごとに1ポイントが加算されていき、

これが規定以上に達することで預金残高で条件をクリアした場合と同じ特典を利用できるようになります。

楽天銀行の住宅ローン 金利・諸費用・審査期間は?

住宅ローンの金利は、どの住宅ローン商品を選択するかによって変わってきます。

楽天銀行の住宅ローンの変動金利は今現在、年0.527%です。

変動金利は借り入れた後に固定金利に変更することも出来ます。

10年固定にした場合今現在、年1.097%になります。

他にも長期固定金利もあります。

ローン期間中ずっと金利が変わらないので安心があります。

15年以上~20年以下で年1.05%で、21年以上~35年以下で年1.10%です。

楽天銀行の住宅ローンにかかる諸費用は以下の通りです。

  • 金銭消費貸借契約証書の印紙代
  • 抵当権設定登記費用(登録免許税および司法書士報酬)
  • 楽天銀行の融資事務手数料
  • 火災保険料

 

楽天銀行でお金を借りるには審査に通る必要があります。

楽天銀行ではまずウェブで申し込みの手続きします。

その申し込みの審査が8~11日間かかります。

その後、必要な書類を楽天銀行に一式提出しその審査に7~14日間かかります。

最後に、契約に必要な書類一式提出し契約に20~30日間かかります。

ゆうちょ銀行から楽天銀行に入金する方法

ゆうちょ銀行から楽天銀行への入金は1円から手数料無料で可能です。

しかもゆうちょ銀行の窓口やATMへわざわざ行く必要がありません。

この楽天銀行のサービスを利用するには、事前にゆうちょ銀行本人名義口座からの入金サービスの登録が必要です。

この登録は楽天銀行口座にログイン後に行えます。

この登録には1ヶ月程かかります。

登録が完了した後、楽天銀行名義口座ログインします。

その後の進め方はMy Account → 入金方法 → ゆうちょ銀行から入金で可能です。

この操作した後すぐに楽天銀行に入金がされる訳ではありません。

操作した時間により楽天銀行への入金時間がかわります。

平日0時~7時に入金の手続きを行った場合、実際に楽天銀行に入金されるのは当日の17時30分~順次行われます。

平日7時~14時に入金の手続きを行った場合、実際に楽天銀行に入金されるのは当日の22時~順次行われます。

平日14時~23時59分に入金の手続きを行った場合、実際に楽天銀行に入金されるのは翌営業日の17時30分~順次行われます。

土・日・祝に入金の手続きを行った場合、実際に楽天銀行に入金されるのは翌営業日の17時30分~順次行われます。

 

注意事項もあるので覚えておきましょう。

1回の楽天銀行への入金の上限金額は1000万円です。

また楽天銀行への入金手続きのキャンセルは行えません。

そしてこの登録を解除するには、登録する時と同じように1ヶ月程時間がかかります。

スポンサードリンク