スポンサードリンク

家庭で作れる、ハンバーガーレシピを探してみた。

家庭で作ることができるハンバーガーは非常に簡単で、食パンを利用することが良いでしょう。

食パンと言うとハンバーガーに利用するイメージがありませんが、高級品であればハンバーガーのパンとして使用することが出来ます。

ハンバーグはどこのスーパーでも売られている合挽き肉が良いです。

スポンサードリンク

塩コショウとにんにく、生姜を混ぜてしっかりこねてしまいましょう。

つなぎはパン粉を使用するとまとまりやすくなります。

トマトは野菜売り場で売られているものを使用すると安く済みます。

夏場であれば、甘みのある大型の品種が売られていることが多いので、ハンバーガーにはうってつけです。

ピクルスは、きゅうりを酢漬けにしたものを使用しましょう。

本来のピクルスと異なっていますが、酢漬けにすることで、短時間で美味しく作ることが出来ます。

レタスも野菜売り場に売られているものが良いですが、ハーフサイズのものを使用すると無駄がありません。

なるべく色が綺麗なものを使用することで、美味しく仕上がります。

後は、マスタードとケチャップを用意してトッピングを行えば、ハンバーガーは出来上がりです。

自宅でもこのように簡単に作ることができるので、非常に便利なだけでなく美味しいです。

ハンバーガーの歴史を調べてみた。

ファーストフードという言葉とイコールの関係にあると言っても過言ではないのがハンバーガーであり、日本でも全国津々浦々のありとあらゆる所にハンバーガーショップが展開されています。

一見するとアメリカが発祥の食べ物であると捉えられる事が多いのですが、実はハンバーガーが誕生した起源はドイツであり、現代のように世界規模に大きくさせたのがアメリカとなります。

起源は古く18世紀にまで遡り、原型になったのはドイツにある港町のハンブルクという場所で、労働者達の間で根強い人気を誇っていたタルタルステーキです。

タルタルステーキに用いられた生肉は馬の肉であったのですが、その理由はヨーロッパに馬で攻め込む際に、移動手段として使用していた馬を途中段階で食用にしていたためです。

しかし、馬の肉というのは非常に硬い上に筋が多く食べにくかったため、細かく肉を刻んだり玉ねぎやコショウを投入して味付けをし食べやすくしていました。

その後、満腹感を高めるためにパン粉も投入されたり豚や牛の肉が手に入りやすくなった事を受けて、今日においても馴染み深いハンバーガーになりました。

そして、戦争が終戦し日本国内に増えてきたアメリカ人がハンバーガーを食べ始め、日本国内のチェーン店の企業が本格的に参入するようになり現在に至ります。

お店で食べる、ハンバーガーの感じを手作りのハンバーガーで再現できるか試してみた。

お店で食べるようなハンバーガーの感じを、手作りで再現することは可能です。

しかし、お店によってパテに使っているお肉の種類や割合が違いますし、パンの生地もまったく違うのでレシピの前に同じ素材を用意する必要があります。

マクドナルドはパテに100%ビーフを使用していると言っているので、牛肉のひき肉を用意します。

パン生地はスーパーなどで売っている一般的なもので十分でしょう。

後はたまねぎとケチャップで材料はOKです。

作業自体は難しいものはないので、肉を焼いてパンではさめば完成です。

モスバーガーのパテはやや肉厚で、肉汁感があるジューシーなものを使用しています。

感覚的にはハンバーグの肉という感じなので、合挽き肉を使用してジューシーさを出します。

パンはスーパーで取り扱っているものでハンバーガー用のものを購入すれば大丈夫です。

基本的なハンバーグを作るのであれば、トマトやレタス、たまねぎやケチャップなどがあれば再現性は高くなります。

このように、材料選びを徹底して行えばお店の味を再現することは十分可能です。

ハンバーガーは料理の技術が必要なものではないので、誰でも作ることはできます。

少し難易度が高いのは肉の焼き具合と割合でしょう。

スポンサードリンク