スポンサードリンク

宝くじが当たる買い方を当たったことがある人に聞いてみた。

宝くじで高額当選した人に、どうやったら当たったかという事を聞いてみるといくつか共通点が見られました。

例を何個か挙げてみると、まず風水では西が金運アップの方角なので自宅から見て西の方角にある売り場で買うと良いという点です。

また売り場の窓口の方角が西を向いているとさらに金運は上がります。

スポンサードリンク

購入する枚数は沢山買えば良いというものではなく、20枚とか30枚、50枚程度をとにかく継続的に買い続けるという事が重要です。

売り場も西にある場所を選び、さらに高額当選の実績がある売り場だとなお良く、外れても諦める事無くコツコツと10年以上買い続ける事が非常に重要です。

他にも売り場のお姉さん選びも重要で、「笑う門には福来たる」というぐらいですから、なるべく笑顔で愛想の良い人を選ぶ事でよい運気をもってきます。

宝くじを購入する日もなるべく大安吉日など縁起のよい日を選ぶと良いです。

他にも子供や孫がいる人は子供や孫の誕生日に買うというのも悪くありません。

そして購入したら、家の西側で保管しておくとさらに良いです。

保管する時は風水では黄色も金運アップの色なので、なるべく黄色い布等にくるんで丁寧に当選日まで保管する事も重要です。

宝くじが高額で当たった時のどこで受け取りができるのかと受け取りに必要なものをまとめてみた。

宝くじは当選した金額によって受け取り方が異なり、受け取りに必要なものが出て来ます。

まず、当選金額が5万円までの場合は、5万円マークのある売場窓口、全国のみずほ銀行及び受託銀行の窓口で交換してもらえます。

一般的に5万円を超えたものを高額当選として扱っています。

当選金額による受け取り場所と必要なものは以下の通りです。

5万円を超えて50万円未満の場合は、みずほ銀行または受託銀行窓口で即日現金に換金してもらえます。

必要なものは、当たりくじです。

50万円以上100万円未満の場合は、みずほ銀行窓口で即日現金に換金してもらえます。

必要なものは、当たりくじと公的な身分証明書(運転免許証、健康保険証など)です。

100万円以上の場合は、当選したくじを一旦みずほ銀行に預けることになります。

そして銀行でくじの鑑定作業を行った後に換金されます。

当選金の受け取り金額にもよりますが、鑑定作業には1?2週間かかります。

必要なものは、当たりくじと公的な身分証明書(運転免許証、健康保険証など)、印鑑です。

高額当選金を受け取る場合、手続き自体はシンプルなもので、当たりくじを持ってみずほ銀行の窓口に行き、宝くじの当選金の受け取りに来た事を担当の人に伝えるだけです。

また、高額当選後に高価な買い物をした時に税務署からお金の出所を聞かれた時のために「宝くじ当選証明書」を銀行から発行してもらっておくのが無難です。

宝くじの高額が当たった時の使い道ランキングベスト5をまとめてみた。

宝くじ高額当選すれば嬉しいですがまたのまた夢です。

しかし当たる人はいるものでそういった人たちは何に使っているのでしょうか。

ランキング形式で紹介します。

第5位は旅行で、ラグジュアリーな旅行を楽しむ方が多く、飛行機はファーストクラス、船旅などで世界一周旅行をされた方もいらっしゃいます。

第4位は車の購入でスポーツカーや高級車が人気のようです。

第3位は借金返済で既に車や家、そして事業で借金を抱えていた人であれば宝くじの高額当選でその借金を全て返済して身軽になるという事です。

第2位は土地や住宅の改築または購入です。

3位と似ていますが、家を購入する前の段階の人であれば一括で家を購入を選び事が多いようです。

ローンを組まずに変えますので家が手に入る上に金利負担もないため一石二鳥です。

そして第1位は貯蓄で高額当選したら何か高額なものを購入したくなるものかと思いますので意外や意外です。

これは高額当選者に配布される冊子が影響しているとも言えます。

大金を持った事がない人が急に大金を持つ事になればどのように使っていいのか分からないのが当然です。

 

変な使い方をしないために、そして将来のために必要な時まで寝かせておこうというのです。

 

宝くじ買うとしたら一回いくら使う?

 

 ロト7を当たったことがある人に聞いてみた

スポンサードリンク