スポンサードリンク

子供の日に子供たちに一緒に遊んでみたい遊びとは?

子供の日は端午の節句ともいって、女の子のお祭りである桃の節句とは反対に、男の子の成長を祝う祝日となっています。

端午の節句には兜を飾り、こいのぼりを上げてお祝いします。

日常子供たちが遊んでいるゲームや漫画を一緒になって楽しむのも子供の日の過ごし方ですが、せっかくの連休でもある祝日を楽しむには、できれば外で体を動かして楽しみたいものです。

新聞紙で折った兜を作ることから始め、それをかぶってチャンバラごっこなどが昔の遊びの流行でした。

現在では家族で参加できる工作教室などで、こいのぼりや端午の節句にちなんだお菓子などを作ったりする行事などが各自治体で行われたりしています。

行事に参加することで日ごろ遊ぶ機会の少ない親子の時間を深めることで、家族同士で純粋に楽しい時間を過ごせるかもしれません。

天気のよい日であればお弁当やおやつを持参して、自然に触れ合うピクニックも日ごろの遊びとは違って楽しい時間を過ごせます。

大人も子供忙しい日常の中でひと時の間いつもの時間を忘れるような夢中に遊びを見つけることが大切です。

ゲームやアニメなど以外にも楽しい娯楽があるにもかかわらず、そういった遊びを知らない子供たちにいろいろ遊びを教えるのも親の仕事です。

子供の日にぴったりな料理のレシピをまとめてみた。

子供の日の主役は子供です。

ですから料理も子供が好きなものを集めてあげるとよいのではないでしょうか。

子供の日にぴったりな料理の一つが手巻き寿司です。手巻きずしのメリットは、準備の手間がかからないこと、中に入れる具材によって子供だけでなく大人も十分満足できるメニューだからです。

酢飯と海苔を用意して、後は子供の好きな具材をメインにいろいろと揃えるだけなので、簡単でみんなで楽しみながら食べることができます。

定番のお刺身などでもいいですが、卵焼きやソーセージ、ハンバーグなど好きなものをなんでもはさんで食べることができ、子供自身も自分で作ることを楽しんでくれます。

オムライスも人気のメニュです。

フライパンでご飯と鶏肉、みじん切りにした玉ねぎを炒めてケチャップで味付けをしていきます。

子供向けなのでニンニクなどは少量にするのがポイントで、ちょっと甘めの味付けになるようにするとよいでしょう。

チキンライスができたら、玉子をよくかき混ぜてフライパンに広げて焼いていきます。

ご飯にかぶせる卵を野焼き方のコツは、フライパンに広げた卵の端を竹串などでくっつかないようにすることです。

端がうまくはがれていると手でもってひっくり返すことができるので、きれいに玉子を焼くことができます。

子供の日にこいのぼりを出す理由についてまとめてみた。

子供の日が近づくと男の子のいる家庭ではこいのぼりを出すところが多いと思います。

こいのぼりはどうして飾るのかその理由についてご存知ですか。今回はこいのぼりを出す理由について見ていきたいと思います。

こいのぼりという言葉は「鯉」と旗の一種である「のぼり」のふたつが合わさってできたといわれています。

中国の有名な伝説に鯉が黄河上流の滝がいくつも流れる竜門という流れの激しい場所を流れに逆らって登りきり、そのまま天に昇って竜になったという話があります。

鯉は生命力が強く立身出世の象徴です。

鯉の力強い様子を子どもに重ね、困難に負けず前に進み、立派に成長してほしいという願いを込めたといわれています。

一方、日本では江戸時代に将軍家に男の子が産まれると家紋のついたのぼりを立ててお祝いをする風習がありました。

これが少しずつ武家や庶民にも伝わり、のぼりに鯉を描いて成長を願いました。

初めは和紙に黒い真鯉を描いただけの非常にシンプルなものでした。

この時代は乳児の死亡率が高かったことから魔除けの意味をもつ吹き流しをつけ、さらに明治時代に入るとそこに赤い緋鯉がつき、昭和になると小さな子供の鯉が増え時代と共に形を変え現在のこいのぼりになったといわれています。

こいのぼりは中国の古い伝説と古くからの日本の風習が見事に融合してできたものだったのです。

大空を優雅に泳ぐこいのぼりにそんな由来があったなんて驚きですね。

CTLチャンネルの更新情報はこちらから

友だち追加