スポンサードリンク

子どもに人気なオレンジジュースがいろいろ種類があるがどれが一番おいしいのか調べてみた。

オレンジジュースは、大人の間では健康志向から100%のものや濃縮還元しないものなどが人気ですが、子どもに人気のタイプは100%のものは少し酸味が強すぎるため、適度な濃度のものが人気です。

コンビニエンスストアやスーパーなどで手軽に購入できるものは「なっちゃん」や「バヤリース」等の定番商品です。

これらは値段も買いやすいですし大容量のものは家族で飲むことができるため、コストパフォーマンス的にも優れた商品と言えるでしょう。

甘いジュースが苦手な一部の子供の間では「ポンジュース」も人気です。

スポンサードリンク

これは日本のミカンを原料にしたもので、古くから根強い人気があります。どちらかというとミカンジュースといったほうが良いかもしれませんが、国産ミカンの香りや甘みが凝縮されているため子供の間でも人気があると考えられます。

オレンジジュースはコンビニはスーパーで牛乳パックに入った100円程度で販売されているものも日本の食卓では人気があります。

プライベートブランドや農協などが製造しているもので、味はいずれもそれほど違いはありませんが、安価に100パーセントのジュースが購入できるので定番人気です。

多少酸味があるので、酸っぱいのが苦手な子どもは避けたほうが良いでしょう。

オレンジジュースの炭酸・カクテルにしたらどうなるのかをまとめてみた。

普段カクテルなどのおしゃれなお酒は、お店に行かないと飲むことが出来ないとイメージしている方は多いですが、実はお店で販売している物を利用すれば誰でも簡単に美味しいカクテルとして楽しむことができます。

近くにあるお店で取り扱いをしているオレンジジュースは様々なカクテルに使用することが可能で、その中でも炭酸ジュースのような爽快感のあるカクテルの一つが『オレンジ・フィズ』です。

ドライジンをベースにしたカクテルで、オレンジジュースとレモンジュース、シュガーシロップとドライジンをシェイクしてから、冷えたソーダで割れば出来上がりです。仕上げにはレモンかオレンジの薄切りを乗せると見た目も美しい仕上がりになります。

甘さがあるのは苦手という方は、シュガーシロップの量を減らしたり、あえて入れないことで爽快感のある酸味の美味しいカクテルとして飲むことができます。

また炭酸系のカクテルとして人気があるのが『ビター・オレンジ』です。

これはビールとオレンジジュースを1:1で大きなジョッキに入れ、軽くかき混ぜるするだけで出来上がりです。

オレンジ・フィズに比べて用意する材料が少なく、どちらも近くのお店で購入することができます。

オレンジジュースで作るお菓子のレシピのおすすめをまとめてみた。

オレンジジュースで作るお菓子のレシピとして、一番手軽でこれからの季節にもピッタリなのが、粉寒天を使った「オレンジジュースゼリー」です。

作り方はとても簡単。

鍋に粉寒天とジュースを入れて火にかけ、かき混ぜながら1分から2分沸騰させます。

火からおろしたら砂糖を加えてよく混ぜ、あとは好きな器に入れて冷蔵庫で冷やし固めるだけです。

他には「オレンジジュースで作るグラニテ」というものがあります。

こちらも作るのはとても楽チン。

バットにオレンジジュースとグラニュー糖を入れてよく混ぜ合わせたら、ラップをかけて冷凍庫に入れます。

約1時間ほど経ったらかたまったかどうか確認し、かたまっているようなら家にあるフォークで崩していきましょう。

ある程度崩したら、そこに生クリームとプレーンヨーグルトを加えてよく混ぜ合わせます。

混ぜたらまたラップをかけ直し、冷凍庫でさらに30分間かため、再度フォークで崩して混ぜ合わせたら完成です。

あとはキンキンに冷やした器に盛ればいいだけ。

せっかく身近な存在であるオレンジジュースを使うのですから、簡単で手間のかからないお菓子のレシピを参考に、小さなお子さんと一緒に作ってみると良いかも知れません。

スポンサードリンク