夫のモラハラ度チェックとその対処法について

モラハラは身体的暴力のない精神的暴力のことをいいます。目に見えない暴力ですので、なかなか表面化しないのですが、次のチェック項目にあてはまれば、夫やパートナーはモラハラかもしれません。

 

外面が良い

プライドが非常に高いため家から一歩でれば自分の評価に傷つくような事はしません。

馬鹿にする

強いものには弱く、弱いものは徹底的に馬鹿にします。

自分勝手

妻の言動が気に入らなければ、徹底的に嫌がることを言い募ったり、無視をしたり、大きなため息をついたり、子供を怒ってみたり、とにかく妻が自分のご機嫌をうかがっている状態を作り出します。その状態は長く続きます。

飴と鞭の使い方がうまい

いつもいつも緊張状態ではなく、謝罪したり、優しい態度をとります。妻はつい悪い人ではないんだと思いがちですがこうしてコントロールしているのです。

 

さて、対処法ですが、モラハラをする人は強いものには弱いです。ですので、されて嫌なことや言われて嫌なことにはNOを伝えます。無視されれば、無視しかえしてやる、馬鹿にされても一向に堪えてない様をみせる。毅然とした態度に出ることが肝心です。

後悔しないために!モラハラ夫と離婚する方法

運命の人だと思って結婚したら、それがモラハラ夫だった場合には、後悔しないためにも出来るだけ早く離婚することがおすすめではないでしょうか。モラハラは精神的な暴力ですから、長く生活していればしているほど、夫の影響力が強くなって、本当はそうではないのに自分がダメ人間に思えるものです。

 

最初は優しかったのに、何となくおかしいなと感じているうちに、自分と夫の二人だけの密室などで態度が豹変するのが特徴のひとつです。また、悪いのは自分だと思い込まされるような手練手管で、モラハラはおこなわれます。

 

そこで、少しでも変だと感じたら、まずは第三者に相談して、自分の考えが間違っているのかどうか、聞いてもらうのもひとつの手です。その場合は、身内や友人よりも、客観的に判断できる人を選ぶことが大切です。そして、夫がモラハラをしていると分かったら、離婚だけが自分を救う道なのだと心に言い聞かせて、出来るだけ早く別れることです。

モラハラ妻と離婚したい!子供と慰謝料はどうなるの?

モラハラ妻と離婚をする場合に、子供と慰謝料がどうなるのかは、ケースバイケースです。

 

モラハラが理由で離婚をする場合、民法で定める離婚事由のうち、「その他婚姻を継続しがたい重大な事由」で離婚をすることになるでしょう。しかし、モラハラがあるからといってただちに離婚が認められるというわけではありません。「重大な事由」とあるように、お互いの努力によって婚姻関係を続けられるようならば裁判で負けてしまう可能性もあります。いずれにしても、弁護士に相談をしてみましょう。

 

妻にモラハラがあったとしても、それが子供に向けられたものでないならば、親権者は「子供の幸せ」を基準として決められます。親権問題についても弁護士に相談をしてみるのが一番です。

 

慰謝料は不貞行為やDVがあった場合に請求ができるものです。あなたが不貞行為やDVなどの不法行為をしていないのであれば、慰謝料を請求されることはないでしょう。妻に不法行為があった場合には逆に慰謝料を請求することができます。慰謝料の問題についても専門家に相談をするのが一番です。