スポンサードリンク

大手の新聞会社の中で読みやすく、正確なニュースを伝えている、会社をランキングにしてみた。

フェイクニュースという言葉が昨今流行っています。

エビデンスに基づいて記事を執筆し、客観的な視点に立って事実を報じるのが本来のメディアの役割でした。

しかし近年では明らかに記者個人の私見が巧みに記事に入り込んでいたり、会社自体の願望が入り込む事が急増しています。

スポンサードリンク

正確なニュースを伝えている新聞は少なくなって来ており、大手新聞社の中では次の三社が比較的信頼出来ます。

第三位の会社ですが日経新聞です。

特に経済関連の情報は正確であり、社名に恥じない信用度があります。

また速報性も優れています。

経済界向けの情報がメインですがサブカル系の話題の豊富です。

第二位の会社ですが毎日新聞になります。

政治的にはややリベラル色が強く社説や政治批評などもその傾向が見られますが、ニュース報道は正確です。

また綺麗な日本語で記事が構成されており、読みやすいです。

そして第一の会社は読売新聞です。

大衆紙として老舗であり、幅広い分野を網羅した紙面づくりは有名です。

経済や政治分野での報道は極めて正確であり、いわゆる記者の私見が入っていない面が殆ど、客観的な事実を知りたい時に役立ちます。

ポリティカル的にはやや右寄りですが、リベラル派の意見もよく掲載されており、いわゆるバランスが取れた論評と記事構成です。

地方の新聞会社と大手の新聞会社の違いがあるのかどうかを調べてみた。

新聞は、公共性を問われることが多くなってきています。

大きく分けて、全国紙・地方新聞・業界紙という区分がされていると考えられます。

各々役割がありますが、全国紙はその名の通り全国の情報を掲載している新聞になります。

地方新聞は、発行地域が限られているので地方情報を集めるのが使命といえるのです。

業界紙は、業界にかかわる人にむけて、その業界の話題を提供するのが役割です。

全国紙と地方紙の役割はどこに違いがあるのでしょうか。

国際情報は通信社を使ってネットワークを使って情報を得ています。

国内情報においても、広く情報機関の利用によって記事を作成することになります。

全国紙は各地に支社があったり特派員がいて情報を構成して記事を書きます。

地方新聞は、地域の情報を集めることに注力します。

報道の重要さは、正しいニュースを届けることです。

地方紙には、その地域から得たニュースを随時提供することで地元への貢献をすることになります。

そのためには、全国紙では扱わない内容が必要になります。

提供するためには地元での取材が欠かせません。

取材をすることで、客観的な見方で記事をかけるのです。

地方の地道な取材を通すことで全国的なニュースが作られるといってもおかしくありません。

長い間取材して作り上げた記事が、全国で取り上げられることはよくあります。

地方新聞の役割は、ますます重要になってきています。

スポンサードリンク