大人になってから喘息になることもあるの?病院は何科?

今現在、喘息は大人になってからも患う可能性がある病気の一つです。原因は多種多様、各々お医者様と共に綿密に原因を探っていかなければならないのが現状です。

 

病院で詳しく問診、検査をしていただく場合、最初に受診される科は呼吸器内科をお勧めします。初めて患った病気だと何科を受診すればいいのか誰でも迷いが生じます。その時は喘息だけに限らず、最初は信頼のおけるお医者様に血液検査をして頂いて、自身の病気をしっかり把握する事です。ご自身が納得するまで体の不調の原因を突きつめて欲しいと思います。

スポンサードリンク

 

そして病名が判明したら、その病気に精通している専門医に、喘息でしたら一番は呼吸器内科を受診してください。外科の先生も、全般の病気の勉強をされておられるので外科もお勧めです。

 

病気を患った時は不安にかられる時もあると思います。限られた診察時間内でも病状を親身に聞いてくださる、そして豊富な知識で冷静に診断されるお医者様がいる病院を受診されてください。

大人になってからの喘息の原因とその治し方について

喘息というと子供の病気だと思われがですが大人になってから発症することはよく見られます。意外にも子供の頃に小児喘息にかかっていた方の成長してからの再発は少なく、大人になってから初めて発症する方が実は多いのです。

 

喘息の原因としては生活環境によるアレルギーや過労やストレスが挙げられます。工場からの排煙や車の排気ガス等の大気汚染が呼吸器に影響を与え、また食品添加物や住宅建材に使用されている化学物質によるアレルギー、ダニや花粉、ペットの毛の吸入、気候の変化なども原因になることがあります。また過労やストレスやタバコの喫煙も原因となります。

 

治療法はステロイド吸引と経口ステロイドが主になります。吸入ステロイドにより長期的に症状を管理し、発作が起きた際には経口ステロイドの服用で抑えます。

 

さらに根本的な治し方としては生活環境の見直しが重要です。家の掃除をしてハウスダストを減らしアレルギーの原因となるアレルゲンを排除します。

 

過労やストレスも原因となるので疲れたなと感じたら無理せずしっかり睡眠を取り休み、アルコールやタバコも控えましょう。環境を整えストレスを減らして心身を良好に保つことが大切です。

大人の喘息の治療法と治療期間について

「ぜんそく(喘息)」と言えば子供の病気だと考える方は少なくないでしょう。しかし、大人でもぜんそくを発症することはありますし、大人になって初めてぜんそくを発症したと言う方も多いものです。「成人気管支ぜんそく」と呼ばれるもので、人口の比率で見ると小児気管支ぜんそく患者よりも多いとされています。

 

この成人気管支ぜんそくを発症している患者が今増加傾向にあることを御存知でしょうか。アレルギー性の疾患と勘違いされやすい病気ですが、ぜんそくにはアレルギー性のものとそうでないものの2種類に大別できます。

 

アレルギーが原因ではない場合、慢性化した気道炎症が原因であるとされています。薬などで症状を抑えることはできても、風邪や疲労で再発することがありますし、空気の循環が悪い場合は住環境の改善も必要となるでしょう。

 

大人のぜんそくは完治よりも通常通りの生活を送れることを目指したものが治療法としては主流となっています。長期的な治療期間を要しますが、上手くコントロールすることができればぜんそくを起こすことはないでしょう。

スポンサードリンク