在宅勤務の問題点 メリットやデメリットは?

在宅勤務のメリットは、何と言っても好きな時間に仕事ができるという点が挙げられます。

会社に行かなければならない場合、通勤や退勤に時間を取られてしまいます。

それに職種によっては身だしなみを整えなければいけないため、さらに時間がかかります。

スポンサードリンク

ところが在宅勤務なら、それらの時間を業務にあてられるのです。

おまけに疲れれば自由に休憩が取れます。

加えて上司の目を気にしたり、同僚に話しかけられたりといったことがないので気が楽です。

おかげで集中して仕事ができるのも、在宅勤務勤務の良いところでしょう。

 

ただし、問題点がまったくないわけではありません。

デメリットは、誰にも助けてもらえないことです。

大量の仕事があっても、誰かに振り分けることができないのです。

しかも在宅勤務では他人の目がないので自由な反面、ノルマがこなせなかった際には、サボっていたのではないかと疑われることも珍しくありません。

それからトラブルがあった時には、自分だけで対処しなければならないことも多いです。

資格無しで未経験で正社員として在宅勤務は難しい?

資格が無く、また未経験者だと正社員としての勤務は難しいと言われています。

しかし、それは完全にデフレ時代のお話です。

まだ健全ではありませんが、日本経済は危機的状況を脱出しました。

高度経済成長の時代程ではありませんが、有効求人倍率や大学生の就職率は見事に改善し、労働者の賃金も軒並み改善しています。

そのため、資格無しと職歴無しの人材でも、分野によっては正社員として勤務出来るようになって来ました。

また分野によっては人手不足が起きており、普通の正社員のみならず、いわゆる在宅勤務の方法で有能な人材を新規雇用し始めています。

 

WEBデザインやライティングやイラストレーション、こういった創作系の分野は特に有能な人材を求めています。

育児中の主婦や健康上の理由から自宅から離れられない人々も、専門的なスキルを持っていれば、正社員として在宅勤務で安定した収入が得られます。

在宅勤務なら育児の合間を縫って社会復帰出来ますし、安定した収入も得られますし、健康上の理由で一度デザイナー等を退いた方も、再び専門的なスキルを活かせます。

東京や大阪で在宅勤務可能な求人はある?

最近は全国で在宅勤務可能な仕事が増えていますが、東京や大阪はビジネスの中心地であるため営業的な要素が強く在宅勤務の仕事は非常に少ないと思われがちです。

そのためこのような仕事の求人は非常に少ないと考えられがちですが、近年ではIT系の企業を中心に働き方改革が行われており、会社に出勤をしなくても仕事ができる環境を整えつつある企業が増えています。

従来から業務の効率化を図るために長時間の通勤や満員電車に対する対策は多くの企業で行われてきました。

しかしそのほとんどは営業職の多い東京や大阪においては顧客との時間が合わないため実際にはあまり効果を発揮できなかったのが実態です。

 

しかし近年はインターネットの普及により顧客との取引もインターネットを介して行うことが増えつつあります。

そのため多くの企業では在宅勤務に対する先入観が薄れ、このような仕事に対する求人も増えつつあるのが実態です。

また労務管理についても従来の勤務時間による管理から仕事の成果による管理が普及し始めており、在宅勤務においても相応の成果を上げることで評価されると言う仕組みが整いつつあります。

スポンサードリンク