双極性障害とはどいう病気なのかと、症状についてまとめてみた。

双極性障害とは、テンションが高い躁状態と気分が落ち込んで無気力になってしまう鬱状態を繰り返す病気のことをいいます。

以前は躁うつ病と呼ばれていました。

気分の波は誰にでもあるものですが、双極性障害の場合にはそれが異常なほどに極端です。

スポンサードリンク

躁状態の時には睡眠時間が少なく寝ないで活動していたり、根拠のない自信に溢れていたりします。

それによりギャンブルなどにお金をつぎ込んでしまうこともありますが、気分が良いので自覚症状がありません。

一方、鬱状態の時には気分が落ち込み、不安感に苛まされたり自分には価値がないと感じたりしてしまいます。

何に対しても興味が湧かず、好きだったテレビドラマなども全く見なくなってしまうといった症状が現れます。

常にイライラしていたり、落ち着きが無かったり、時には死にたくなることもあります。

鬱状態の時には自覚症状があるので医療機関を受診し、躁状態の時には必要ないと受診をしないといった場合も多くあります。

双極性障害と発達障害の違いについてまとめてみた。

双極性障害とは、気分の波が非常に激しくなる病気のことであると言えます。

双極性障害には1型と2型が存在しますが、1型には激しい躁状態と鬱状態が交互に訪れるという特徴があり、2型には軽い躁状態と鬱状態が交互に訪れるという特徴があります。

一般に、躁状態の時には激しく浪費をすることがあり、鬱状態の時には何の意欲もなくなり動くことさえできなくなることがあります。双極性障害は生まれながらの病気ではありません。

それに対して発達障害は、生まれつきの病気で乳幼児期から生じる発達の遅れのことです。

この点が一番大きな違いであると言えるでしょう。

発達障害には大きく分けて三つの種類があり、広汎性発達障害、学習障害、そして注意欠陥多動性障害です。

広汎性発達障害は、脳の中でもコミュニケーションを図ったりする部分の発達の障害と言えます。

学習障害は、読んだり書いたり計算したいといった学習が極端に困難になる状態のものです。

さらに注意欠陥多動性障害は、言動などに衝動性や多動、不注意といった症状が見られます。

これらはいずれの場合も幼児の段階で症状が現れることになります。

双極性障害が行える仕事について調べてみた。

双極性障害は気分の浮き沈みが激しいので、仕事をする場合はあまり人と接しない仕事をする方が良いです。

寡黙に続けられる仕事として挙げられるのが工場です。

工場はレーンに流れる物を組み立てて行くだけの仕事が多く、人と接する必要もないので、気分の浮き沈みがなく仕事を行う事が可能です。

他にも身体を動かす事が多い、倉庫整理や軽作業も双極性障害の方にとっては良い環境で働く事が出来るはずです。

気分の浮き沈みがあると人と接するのが難しくなるので、症状が緩和するまでは一人で出来る仕事を選ぶと気軽に働けます。

また自宅で行えるライティングも双極性障害には向いています。

外に出る事もないので、自宅で自分のペースで仕事をする事が可能なので、双極性障害でも落ち着いて仕事に取り組む事が可能です。

慣れてくるとライティングを受ける仕事の幅も増えてきますので、飽きる事無く業務に取り組む事が出来る点も継続して続ける事ができる良い点です。

 

スポンサードリンク