危険物質!?なぜ食品に亜硝酸ナトリウムが使われるのか?

亜硝酸ナトリウムは、たったの2gで致死量になる程強い毒性をもち、劇物に指定されている物質です。また、これは体内で肉などに含まれるアミンと反応してニトロソアミンという物質を発生します。このニトロソアミンは発がん性を持つといわれています。

 

しかしこの亜硝酸ナトリウムは食品添加物として私たちが日常的に食べている食品に含まれていることをご存知でしょうか。ハムやソーセージといった加工肉や、いくらや明太子などの魚卵類をきれいな色に発色させるための発色剤としての役割のほか、食中毒の原因となるボツリヌス菌の増殖を抑えるために用いられています。

スポンサードリンク

 

先ほどの毒性の話と合わせると不安になってしまうかもしれませんが、今までに食べた量で発がん性を持つことはまずないので安心してください。日本の食品添加物の基準は大変厳しく、毒性を持つほどの量は食品に含まれません。

 

亜硝酸ナトリウムは天然の野菜にも含まれています。どうしても気になる方はそのような食品を避けるようにしましょう。

ハムに入っている亜硝酸ナトリウムには発がん性があるの?

そのまま食べても、料理に加えても美味しいハムは食卓の味方です。しかしハムの中には添加物が使用されているものも多く、その種類によっては健康への影響が心配されるものもあるので注意が必要です。

 

そのひとつが亜硝酸ナトリウムです。これがハムに使用されている目的は、変色を防ぐためです。加えて亜硝酸ナトリウムには、ボツリヌス菌への感染を防ぐことに対しても作用があります。ボツリヌス菌は非常に危険性が高い菌なので、その中毒症を防ぐためには、これは欠かせないと言うことです。

 

ですが実はこの亜硝酸ナトリウムには発がん性があることが指摘されています。ですからこれ自体も決して安全な成分だとは言えないと言うのが現実です。

 

ただし発がん性があると言っても、これは亜硝酸ナトリウムを相当な量、毎日、継続して摂取し続けなければ、それが効力を発揮することはほとんどないと言われています。ですからそれほど神経質になる必要はないと考えられます。

 

ただし最近では、亜硝酸ナトリウムが食肉に含まれるアミノ酸と結合すると、発がん性物質に変化してしまうと言うことが発表されています。そのため、この点は留意しておきたいと考えられます。

亜硝酸ナトリウムが入っている食品は食べても安全なのか?

ハムやソーセージなどの加工肉や、タラコやイクラなど魚卵類の色味をキレイにするための食品添加物として亜硝酸ナトリウムが多く使われています。また、発色剤としてのみでなく日持ちを良くするための添加物としても知られています。しかしこの亜硝酸ナトリウムは発がん性があるといわれていますが、食べても安全なのでしょうか。

 

実はこの亜硝酸ナトリウム自体に発がん性があるわけではなく、胃や体の中で食品に含まれるアミンと反応することによりニトロソアミンを発生します。このニトロソアミンが発がん性を持ちます。

 

これを聞くとこの添加物は危険なのではないかと思いますが、日本の食品添加物の基準は大変厳しく、毒性を持つほどの量はまず含まれていません。また、亜硝酸ナトリウム自体は天然の野菜などにも含まれており、ハムやソーセージに含まれている量を食べたところですぐに発がん性などの毒性を生じることはありません。

 

それでも心配だという方は、亜硝酸ナトリウムの含まれていない加工食品も多くあるので、利用してみてください。

スポンサードリンク