スポンサードリンク

前歯が大きいのはかわいい?出っ歯とは違うの?

前歯が大きいのと出っ歯は少し異なります。

出っ歯は歯茎や歯自体が突出している状態です。

前歯が大きいだけの人は歯列は整っていて、周りの歯が小さいです。

スポンサードリンク

 

前歯が大きい人はかわいい印象を与えることが多いです。

顎と歯のバランスが悪く周りの歯が小さくなっているため、顎のラインが美しくなります。

美しい横顔を示すEラインを持つ傾向があります。

正面から見ても大きな前歯がハムスターやビーバーのような動物を連想させます。

特に女性は守ってあげたい小動物キャラになれるので、男性からの評価も高いです。

 

しかし実際には前歯が大きいだけの人は少ないです。

ほとんどが出っ歯にも該当しているため、歯列矯正を行うように勧められます。

口が半開きになっている人は、だらしない印象を与えている可能性があります。

歯並びがきれいだと口を大きく開けたり笑ったりする時の見た目も美しくなります。

女性は矯正装置をつけることで見た目が悪くなると避ける傾向がありますが、最近は目立たない装置が多いです。

保険がきく?前歯の虫歯の治療費用について

歯科クリニックでは、前歯の虫歯という病気の治療に対しては保険を使うことができるので、実質的には支払いが安く済ませることができます。

しかし、歯科クリニックには審美歯科など保険が使えない治療もあります。

自由診療であることからクリニックによって費用が違っていたり、全額費用負担となるので高額な資金を用意しておかなければならないことになります。

 

前歯の虫歯の治療を行うという場合、前歯は他の人からも見られやすいことを気にしてきれいな仕上がりを求める人も多いものです。

保険適用内の治療となると、最低限の治療となるので前歯の見栄えはあまり良くないことになります。

しかし、歯科クリニックではワンランク上の前歯の仕上がりにできる方法も用意されています。

この場合には、保険適用外の自由診療ということもあり、費用負担は大きくなります。

けれども、クリニックによってはクレジットカード払いが利用できたり、医療ローンが用意されていることもあるので、計画的に支払いができます。

大人の前歯の矯正にかかる費用は?

子供の頃に、前歯の歯並びが気になっていて、そのまま大人になり、歯並びを気にしている人も多いでしょう。

特に、前歯の歯並びは一番人目につくので、人と話をする時も気になります。

仕事で人と接する機会が多い人、職業柄、外見を重視される職業の人は、前歯の歯並びが気になったら矯正をするのがおすすめです。

 

費用については、使う前歯矯正装置によっても異なります。

前歯矯正をするときにブランケットはメタルの場合、30万から50万円が相場です。

セラミックの場合は5万円から20万円程度です。

前歯の部分矯正になるので、気になる前歯だけを矯正したい場合にも費用を抑えることができます。

マウスピースで前歯を治療する方法もあります。

取り外しができるために治療期間が長くなることもありますが、費用を把握して自分に合った方法で前歯を治療をすることが大切です。

前歯を治療する部分によっても費用が異なるので、医師に相談してみることも大切です。

きれいな歯並びを目指して、前歯の治療を続けるようにしましょう。

前歯のブリッジにかかる費用と期間について

まずブリッジについて説明します。

ブリッジとは何らかの原因で欠損してしまった前歯を両隣の歯で支えて欠損した前歯を補う方法を言います。

このブリッジを行うには両隣の歯が健康で支えることが出来なければいけません。

また両隣の歯を削る必要が出てきます。

しかし違和感が少なく、治療後は長期的に維持することが可能です。

 

前歯はよく見えてしまう部分なので奥歯に比べると、見た目が綺麗である必要があります。

前歯が欠損してしまった場合、骨が吸収してへこんだ形の歯肉になってしまいます。

人工骨で骨を作る方法と歯肉を移植するなどの方法でそれをなおす事が可能です。

どの方法が合うかわ、前歯の状態によって変わってきます。

医師と相談し、1番目立たなくなる方法を選択しましょう。

 

ブリッジにかかる費用は白い歯にする場合だと自費になり、銀色だと保険が適応します。

前歯に使う白い歯の中にも種類があります。

その種類はメタルボンド、オールセラミック、ジルコニアがあります。

平均すると保険適応の場合1本約2万円で、自費になると約5~15万円になります。

治療期間は1~3日で済みます。

虫歯ではないのに前歯が痛い原因とは

歯が痛いと何をするにも集中出来ず、ズキズキと辛い痛みが続きます。

そんな痛みは虫歯以外の原因でも起こる可能性があります。

歯を強く磨きすぎて、歯の根元が露出してしまうことによって痛みが発生してしまいます。

痛みの原因は歯ではなく、歯茎の可能性もあります。

歯茎に何らかの細菌やバクテリアが侵入してしまうことで、起こります。

歯にヒビがはいってしまっていることが多々あります。

目では分からない程度のヒビだと歯医者に行かず放置してしまい、痛みとして症状がでます。

歯ぎしりが原因で起こる痛みもあります。

寝てる時に無意識でしてしまうのが歯ぎしりです。

最初は冷たいものがしみる程度ですが、だんだん酷くなり亀裂が入ってしまうこともあります。

矯正からくる痛みもあります。

歯を動かしているので痛いのは当たり前ですね。

硬い食べのを食べるのが難しくなるほど痛むことが頻繁におこります。

肩こりから起こる痛みもあります。

主にパソコンやスマホをよく使うことで、姿勢が崩れてしまいます。

そのままの姿勢で頭を支え続けていると肩こりになり、関連痛となって前歯が痛みます。

このようにたくさんの原因があります。

しかしその判断は自分では出来ないので前歯が痛い場合は勝手に虫歯ではないと決めつけず、きちんと歯医者で見てもらいましょう。

スポンサードリンク