スポンサードリンク

初心者向けのwordにて文章・書類作成の使い方は?

wordは文章作成に適したソフトの代表格です。

現在、たいていのパソコンにはofficeが初期から導入されており、excelやpowerpointなどとともにwordもパソコンに入っていることが多いです。

wordで作成する文章としては、いわゆる事務連絡文書を作成する際に使用するのが一般的ですし、ソフトに適した使い方だといえます。

スポンサードリンク

特に、表などは使わず、文章だけで相手に何かを伝える公的機関が作成する文章の場合はwordを使用して作成することが便利です。

あらかじめ事務文書のひな型もソフトに導入されていますので、それらを参考にして文章を作成すれば、見た目も美しい文書が作成できます。

より詳しく作成方法を知りたい場合には、文書作成の方法が各種書籍で紹介されていますので、それらを参照しながら作成するとよい文書になるでしょう。

また、簡単な表を挿入することも可能ですので、必要に応じて挿入するのも便利だといえます。

仕事でもつかえる、wordでの文章作成の仕方は?

文章作成のツールとしてよく使われるのは、Excel、PowerPoint、wordの3つですが、特に見積書や企画書、案内状やお知らせなど文章が主体となる書類の作成は、wordが一番得意とします。

wordでの文章作成は非常にシンプルであり、書きたい内容や趣旨が決まり次第文章を打ち込むだけで完成します。

ただ、仕事などビジネスの場面においては様々なスキルを駆使した方が読みやすくなり、文章自体の評価も高くなります。

文章作成に当たって使っていくべきwordのスキルはたくさんありますが、基本的なところでいえばフォントを揃えることや色や網掛けを使うことなどにより、文章の読みやすさを高めることと、ビジネスシーンでよく用いられる用語やテンプレートを駆使して正しい文章を構成することなどが挙げられます。

つまり、どんなに目を低く文章でかつ読みやすくても、日本語が不自然であることや、要点がまとめられていないなどでは話にならず、またその逆も然りです。

wordの細かい専門的な知識は必要ないため、最低でも先述したようなフォントを揃えることや、正しい文章を意識することなど基本的なところから押さえることが大切です。

wordでの、意外な使い方トップ10位をまとめてみました。

wordでの意外な使い方トップ10位を紹介していきます。

まず10位はワードで校正や変更履歴を残すことです。

文書にコメントや挿入や削除した文章を色つきで表示して、校閲・校正の痕跡(変更履歴)を残す機能は社内だと利用頻度も多いです。

9位は文書にパスワードをかけることで重要な文章を外部へ送るときは必須です。

8位は文書を段組みにすることで、これは読みやすい文書には欠かせないテクニックです。

7位はwordで画像挿入後に自由に動かせないことを防ぐことです。

6位には文字スタイルの設定があります。

これを利用することで特定の文字の見た目を効率的に設定や変更してメリハリがある文書に出来ます。

5位は段落スタイルで見出しを設定することです。

読みやすい文書作成には覚えておきたいテクニックで、見出しのデザイン設定作業が大変らくになります。

4位は文書にYahoo!やGoogleの地図を貼り付けると、イベント案内やチラシなどで役立ちます。

3位はシンプルな地図を作れます。

2位はワード文書をPDFファイルにする、そして1位は文書にページ番号をつけることです。

スポンサードリンク