初心者でもわかる、wordpressの使う意味とは?

wordpressとは、ブログを作成するためにつくられた、無料公開されているオープンソースのソフトウェアのことをいいます。

実際にはブログのような日記としての利用だけではなく、テーマを絞った本格的なウェブサイトの構築も可能です。

wordpressには、無料ということ以外にも、さまざまなメリットがあることから、初心者から上級者まで、幅広く使われています。

スポンサードリンク

そのメリットですが、従来はプログラミングや言語のマスターが必要だったブログをはじめとするウェブサイトの作成が、特に知識がない人でも簡単にできることが挙げられます。

また、テーマと称するデザインが豊富で、いろいろな種類から選べる上に、パソコンだけではなく、スマートフォンやタブレットなどの、モバイル端末で閲覧する場合にも、自動的に読みやすくレイアウトが調整されることも挙げられます。

いったんページを作成したあとに、その内容を修正することも簡単にでき、写真などの貼り付けも可能という、自由度の高さが魅力となっています。

初心者でもわかる、wordpressのインストロールから、ブログアップまでの使い方講座。

“wordpressはブログの作成に最適で、誰でも簡単にブログを開設することができます。

wordpressを利用するには、レンタルサーバーの契約と独自ドメインが必要で、独自ドメインをサーバーに設置後、wordpressをサーバーにインストールします。

レンタルサーバーの中にはwordpressの自動インストール機能を搭載しているものがありますので、初心者の方は自動インストール機能を搭載しているレンタルサーバーがおすすめです。

レンタルサーバーにwordpressをインストールすると使用可能になりますが、ブログアップをするためにはいろいろな設定をすることが必要になります。

まずは、管理画面から好みのテンプレートをインストールして、ブログのタイトルを入力します。これで一応はブログアップが可能になり、あとは記事を書いてアップするだけでOKです。

これだけで基本的な事はできますが、カスタマイズをすることで独自性のある個性的なブログにすることができます。

wordpressの上級者が使う、機能一覧をまとめてみました。

WEB作成ソフトのwordpressには様々な機能が網羅されていますが、少し慣れてきて基本的な操作をマスターしたら、上級者用の機能も知っておくとさらにwordpressの世界が広がります。

たとえば、wordpressではレスポンシブに対応したサイトを作成することができます。

これはパソコンやスマートホン、タブレットなど、サイズが異なる複数のディスプレイサイズで運用する場合に、外観や操作方法を最適化させることができる機能で、複数の端末からより多くの人にサイトを見てもらうために重要な機能です。

また、wordpressを使えば、簡単に会員サイトを作成することができます。

会員を募集するサイトは多数ありますが、いったいどのように会員サイトを作成するのだろうかと思ったことがないでしょうか。

この会員サイト機能を使えば、新規ユーザー登録はもちろん、ログイン機能やユーザー名やパスワードなどの登録情報の変更機能などが実装されています。

スポンサードリンク