家族の代理で印鑑登録はできる?

印鑑登録の申請ができるのは原則本人のみとなりますが、やむを得ない理由で本人ができない場合は、家族の代理で登録することが可能です。

この場合は、代理人が複数に渡って窓口で手続きする必要がありますので、登録まで日数がかかります。

まず、「印鑑登録申請書」と「代理人選任届」を、印鑑登録する本人が自筆で作成した上で、登録する印鑑及び、 代理人の印鑑、そして 代理人の身分証明書と委任状と共に窓口に提出します。

スポンサードリンク

次に、代理人立会いのもと、本人に、職員による登録の意思確認を、本人宛の電話、若しくは役所担当員の自宅訪問、または照会文書により行います。

その後、本人宛に「照会回答書」を郵送しますので、届き次第、本人が必要事項を記入しし、代理人が「登録する印鑑」及び「代理人の印鑑」、本人の照会文書(運手免許証・パスポート・年金手帳等)と、代理人の本人確認証書と共に窓口に持参し、受領印と引き換えに「印鑑登録証」を受け取ります。

車購入や相続登記に必要な印鑑証明に有効期限はあるの?

車の購入や相続登記の際には必要書類がいくつかあります。

その一つが印鑑証明書です。

名義変更等の様々な書類には実印を押印する必要があります。

そして、その押印した印影が実印であることを証明するのが印鑑証明書です。

登録した市役所等で発行してもらうことができますが、実はこの書類には有効期限があります。

期限が切れた書類は無効なので、再度発行してもらう必要があります。では、有効期限はどれくらいのでしょうか。

 

まず、印鑑証明書には住民票や戸籍謄本と同様に発行日が記載されています。

そして、それらの公的書類は全て発行日から3ヶ月間の有効期限があります。

そのため必要な時にすぐに発行すれば、十分な有効期限はありますが、車の購入を検討中から早めに用意してしまうと期限が切れてしまう可能性があります。

そして期限が切れた書類を間違って提出してしまうと手続きが遅れてしまう可能性があります。

そのため、期限を確認しつつ用意することをおすすめします。

印鑑の汚れの落とし方!輪ゴムが効果的だった!

長い間使ってきた印鑑の汚れを使用後にティッシュなどで拭き取るだけではインクが落ちにくくなり、溝にもインクが溜まってきていませんか。

そんな印鑑の汚れを身近にあるものを使って簡単に落とし方法があるのをご存知でしたか。

 

なんと用意するものは輪ゴム1本だけです。

その輪ゴムを使って落とす落とし方とは、まず人差し指と中指の指先にぐるぐると輪ゴムを3周程度巻き付けて固定していきます。

反対側の手に印鑑を持ち表側をひたすら汚れがとれるまで巻き付けた輪ゴムで擦っていくだけです。

この時に下にティッシュを敷いておくと汚れが下に落ちた時に下に散らばらなくて済むので、後片付けも簡単です。

細かい溝の部分に溜まってしまったインクも輪ゴムを当てるだけで簡単に掻き出すことが出来るのです。

そしてこれを機に簡単にお手入れできることを知って頂けたとと思うので、長年の汚れを落とし、こまめにお手入れして綺麗な状態をキープして頂けたらと思います。

スポンサードリンク