スポンサードリンク

今さら聞けない、LINEの使い方をまとめてみた。

SNSの一つであるLINEを使うためには、まずはユーザー登録をしなければなりません。

登録方法は、電話番号を利用する方法とFacebookのアカウント情報を使う方法がありますが、いずれの方法でもアカウント名、アイコン画像、LINEにログインするためのメールアドレスとパスワードを設定した後、入力したアドレスに送られてきたメールにかかれている認証番号を入力すれば登録完了となり、サービスが利用できるようになります。

LINEでコミュニケーションをとるためには、最初にアドレス帳やQRコードなどの情報をもとに友だちを追加する必要があります。

追加し終わったら、トークの機能をつかって相手にコンタクトをとってみましょう。

スポンサードリンク

トーク機能ではチャットのように相手と会話をすることができ、LINEスタンプを購入すればそれをメッセージに利用することができます。

トークは1対1が基本ですが、慣れてきたら他のユーザーを招待したり、グループを作成して複数人でトークをすることにチャレンジしてみましょう。

また、LINEには通話機能があり、ユーザー同士であれば無料で通話することができるので、直接声を聞きたい場合は利用してみましょう。

LINEのメッセージを送る際で注意しておきたいことをまとめてみた。

LINEでメッセージを送る際に注意したい事と言えば、第一に送る相手とは違う相手へメッセージを送ってしまうという誤送信が思いつきますが、それよりもLINE上での個人情報の送信などは特に注意しなければいけません。

後から消したくなって自分のトーク画面でメッセージを消すことはできても、相手のトーク画面からは消えることがないのでずっと残ってしまいます。

写真も同様で相手に一度送ってしまうと自分の意思だけでは相手のLINE内からは消すことができないため、送る前に「本当にそのメッセージや写真は送る必要があるのか」「後々削除したくなるものではないのか」ということを考えてから送るよう注意する必要があります。

簡単にメッセージのやり取りができるようになっただけ注意しなけばならないこともあるので、皆さんもメッセージを送る際には本当に必要なのか内容に注意して送りましょう!逆に後々必要なメッセージはトークを続けていくとわかりづらくなってしまうので、相手との共有ノートに書き込んでおくと良いです。

LINEの以外と知られていない、使い方とは?

スマートフォン向けの人気アプリとして多くに人が利用しているLINEですが、実はスマートフォンやタブレットなどの他にパソコンでも利用することができます。

LINEの公式サイトを訪問するとWindows版とMac版のソフトウェアが無料でダウンロードできるようになっているので、ダウンロード・インストールすることでスマートフォン版と併用して利用することが可能となります。

パソコン版のLINEではスマートフォン版で予め作成しておいたアカウントでログインすることも可能ですし、電話番号を登録すれば新しくアカウントを作成することも可能です。

なおすスマートフォン版では友だち登録の際に便利な機能であるID検索機能については年齢認証が済んでいなければ利用ができませんが、なんとパソコンでは年齢認証が不要でID検索機能が利用できます。

格安SIMを利用しているなどの理由でスマートフォン版でID検索ができない場合は、パソコン版を利用することでID検索が利用可能となります。

スポンサードリンク