スポンサードリンク

人気の青汁の体にいい部分(成分)というのをまとめてみた。

健康食品として青汁は真っ先に出てくるものですが、どんな健康成分があるのでしょう。

まず青汁は食物繊維が豊富ですから腸内環境を整える作用があります。

これにより痩せる体質になり代謝の良い体になりますので、食べても太りにくい体作りが期待できます。

スポンサードリンク

大麦若葉を原材料にしている青汁であれば、SOD酵素という成分が含まれています。

この成分は強力な抗酸化作用が期待でき、免疫力アップの効果を果たします。

大麦若葉には、ビタミンB1も多く含まれ、このビタミンB1は糖質をエネルギーに変換する働きがあると言われていますので、疲労物質である乳酸が溜まりにくくなります。

具体的には風邪をひきにくくなる・疲れを引きずらない体になることが期待できます。

あまり知られていませんが、青汁には血液をサラサラにする作用を持った栄養素も多く含まれていて、結果的にコレステロール値を下げたり血管をしなやかにしてくれるわけですから、動脈硬化・高血圧・生活習慣病の予防が期待できることになります。

野菜摂取不足など栄養バランスに不安があったり、運動不足気味だという場合などには効果的だと考えられます。

青汁の中にはケール青汁があり、この中にルテインという目の健康を守る効果がある成分が豊富に含まれていて、具体的な効果として挙げるなら、白内障予防・黄斑変性症への効果・ブルーライトへの効果などが期待できることになります。

青汁の通販人気ランキングトップ5と理由をまとめてみた。

青汁を販売するオンラインショップの人気ランキングを調べてみました。

その1位はヤクルト、2位はキューサイで3位がすっきりフルーツ青汁です。

ヤクルトから販売されている商品のクチコミは、次の通りです。

・メーカーを優先して購入しました。過去に試してみた青汁は味がまずく飲みにくかったですが、これならおいしいので暫く続けてみることにしました。

・ヤクルトという有名なメーカーの上に安心価格です。青汁でも甘みがあるので飲みやすく、無添加な製法というのも良いです。腸に作用する製法もヤクルトならではです。

この商品は、野菜の栄養だけではなく、食物繊維や独自のオリゴ糖が配合されているので、すっきりと飲みやすいのがポイントです。

気になる価格は30袋で2,000円、ヤクルトの通販からは青汁の商品をたくさん販売しています。

2位のキューサイ青汁は、スティック状で持ち運びしやすく味もおいしいことから95%の方が満足しています。

こちらの価格は公式サイトから初回だけ1,860円です。

3位のすっきりフルーツ青汁は、人気のタレントさんがダイエットで重宝している商品で、96.2の満足度を誇っており、初回630円で販売されています。

青汁を自作で作るときのおすすめレシピとおすすめな飲む時間についてまとめてみた。

青汁は便通や新陳代謝が良くなるといった効果が期待できるので、注目されている飲み物の一つとなっています。

緑色をしているため飲みにくい印象がありますが、はちみつを入れるなど工夫をするとぐっと飲みやすくなります。

なお、青汁は市販でも売られていますが、自作で作ることもできます。

市販の場合、青汁にはケールや大麦若葉、といったものが含まれていますが、通常このような野菜はスーパーなどで販売されていることが少ないです。

そのため自作で青汁を作る場合はブロッコリーや小松菜、水菜、モロヘイヤを利用します。

なお、ほうれん草はアクが強いため青汁には向いていません。

さらに、尿路結石の原因となるシュウ酸も含まれているので、多く摂取しないようにしましょう。

野菜の汁に慣れていないときは、バナナやリンゴなどの果物を入れると飲みやすくなります。

ミキサーにかけると時短短縮になり、忙しい朝でも気軽に飲むことが可能です。

飲む時間としては、便秘がひどい場合は朝起きてすぐに飲むのが良いでしょう。

 

腸が活発に働くのをサポートしてくれます。

ダイエット目的の場合は食前の空腹時です。

この時に飲むとお腹が適度に膨らむだけでなく、糖の吸収を穏やかにしてくれます。

スポンサードリンク