スポンサードリンク

九州の紅葉ランキング2017年度版についてまとめてみた。

美しい自然に恵まれた九州には紅葉の名所もたくさんあります。

そこで、九州の紅葉2017年度版をまとめてみました。

河内藤園 福岡

スポンサードリンク

アメリカのテレビ局より、日本の最も美しい場所31選のひとつにも選ばれたことがあります。

モミジの森には約700本のモミジが道の両側に植えられていて、モミジのトンネルのようになっています。周遊コースは約1時間で回れます。

大興善寺 佐賀

養老元年開創の天台宗のお寺です。

ツツジやモミジの名所として有名で、広い庭園には約500本のモミジが植えられています。

ライトアップされた紅葉は幻想的な美しさです。

雲仙岳 長崎

国の天然記念物に指定されている雲仙ですが、120種類ほどの紅葉する植物があるといわれています。

ロープウェイが運行されていて、上から山全体の色とりどりの紅葉を楽しむことができます。

曽木の滝公園 鹿児島

東洋のナイアガラと呼ばれる曽木の滝ですが、モミジやイチョウの鮮やかなカラーと滝の水しぶきが美しいです。

11月下旬にはもみじ祭りが開催されます。

いかがでしたか?九州地方でおすすめの紅葉スポットをご紹介しました。ぜひ、参考にしてみてください。

九州の紅葉スポットのオススメランキング。

九州の紅葉でオススメのスポットはたくさんあります。

たとえば、大分県の深耶馬溪は九州の紅葉スポットの筆頭です。

八つの景色を見渡せる景勝地といわれている一目八景からは見事な紅葉を見ることができます。

紅葉を眺めながらウォーキングしたり、遊歩道と川が織り成す風景を堪能することができると有名です。

また、神々が宿る山として崇められてきた宝満山の麓にある竈門神社の紅葉も見事です。

参道の階段周辺には紅葉が集中しているので賛同が赤いグラデーションになっていることもあり、その美しさを感じることができます。

くじゅう連山の紅葉もとても素晴らしい景色を見せてくれます。

登山のメッカとしても人気があり、色鮮やかな景色を楽しみながら登山を楽しむことができるのでたくさんの人が訪れています。

五家荘の紅葉は毎年10月下旬から11月下旬にかけ、もみじや楓、ぶな、ドウダンツツジが山を色とりどりに染めていきます。

地区内の梅の木轟公園に架かっている吊橋周辺の風景と橋の独特な構造が美しく、写真撮影の絶好のスポットとしても人気があります。

九州の紅葉前線の平均についてまとめてみた。

秋になるとよく耳にするようになる「紅葉前線」。

紅葉前線とは、紅葉が見られる地域や時期を線で結んだものです。

春の「桜前線」が南から北へ移動するのに対し、紅葉前線は北から南へ移動していきます。

葉が色づく条件には、気温が低くなることと日照時間が短くなることが挙げられていますので、9月から11月の気温が低いと紅葉の時期が早まり、高いと遅くなります。

多少の変動はありますが、例年10月初旬ごろに北海道を出発し、11月中旬ごろに九州へ到着します。

しかし九州の中でも時期に差があり、福岡県や佐賀県などの日本海側では11月中旬から下旬、宮崎県や鹿児島県の太平洋側では12月初旬ごろに紅葉が見られるようになります。

九州の紅葉は平均して11月中旬から楽しむことができますが、山間部などの気温の低い地域では10月下旬ごろから紅葉が見られます。

このように、九州の紅葉時期は地域によって差があるため、九州内のさまざまなスポットをめぐれば長く紅葉を楽しむことができます。

スポンサードリンク