スポンサードリンク

中部地方の紅葉ランキング2017年度版についてまとめてみた。

涼しくなってくると行きたくなるのが紅葉狩りで、ゆったり散策できる名所や登山をしながら疲れた時に見ることができる紅葉などたくさんあります。

この秋に外せない中部地方の紅葉ランキングの中で、毎年1番を確保しているのは香嵐渓です。

名勝地として有名で毎年多くの観光客が訪れ、渓谷を覆い尽くすように4000本の紅葉が植えられていて日頃の疲れを忘れることができます。

スポンサードリンク

岩屋堂公園は中部でも指折りの名所で、川面にアーチ状にかかる紅葉の美しさはため息が出るほどです。

散策コースにはライトが配置されているため、夜には幻想的なライトアップを見ることができ大変趣深いものとなっています。

美しい滝があることで有名な養老公園は、他の場所ではなかなか味わえない紅葉のトンネルの中を散策することができます。

曽木公園はにぎやかな赤色の木々が園内を埋め尽くす名所で池の水面に映る紅葉はえもいわれぬ美しさがあり、例年行われるライトアップイベントが人気です。

中部地方の紅葉スポットのオススメランキング。

秋のお出かけと言えば紅葉が人気です。毎年11月中旬から下旬にかけてが見ごろな中部地方の紅葉ですが、特に人気のスポットをご紹介します。

何と言っても第1位は愛知県の香嵐渓で、中部地方の紅葉スポットの代表格です。

4000本と言われるモミジが植えられており、渓谷を覆い尽くすように斜面が紅く染まります。

第2位は山梨県の河口湖周辺です。

毎年見ごろの時期には河口湖紅葉まつりが開催され、期間中は夜10時まで紅葉がライトアップされています。

富士山をバックに見る紅葉はまさに絶景です。

第3位は石川県の兼六園です。

日本三名園のひとつとして有名ですが、紅葉の名所としても大変有名です。

日本庭園の優美さと紅葉が織りなす色彩の眺めは見事の一言に尽きます。

夜間は園内がライトアップされていますので、昼間とは異なる風情を味わうことができます。

自然豊かな中部地方にはこれら以外にもたくさんの紅葉スポットがあります。

秋の休日、紅いじゅうたんを踏みしめに出かけてみてはいかがでしょうか。

中部地方の紅葉前線の平均についてまとめてみた。

紅葉は地域によって見ごろが違っていて、タイミングがずれてしまうとせっかく出かけて行っても色づいていなくて残念な思いをしてしまいます。

1番美しい紅葉の時期に合わせて行くには、その地方がいつから始まるのか知っておく必要があります。

中部地方の紅葉は11月上旬から中旬までが平均的な見ごろで、これを逃すとあっという間に時期がずれることになります。

紅葉前線は北から南に移行していくので、旅行の計画もこれに合わせると長く楽しむことが可能です。

紅葉は日照時間や最高気温にも影響されますが、最低気温が1番影響を及ぼします。

最低平均気温が8度以下になると進み、5度まで下がるともっと進むことがわかっています。

紅葉を見に行くのならば3か月予報を参考に計画を立て、近隣の天気予報を確認するなど最新情報を入手して速やかに行うと成功します。

1週間のずれは見ごろを逃すことになるため、時期をしっかり見定めれば壮大な自然の美しさを堪能することができます。

スポンサードリンク