リクルートも採用しているソーシャルタイプ診断とは

日常生活において人との付き合いは大切です。

いろいろな人がいるので相手に合わせて適切なコミュニケーションを取る必要があります。

そんな時はリクルートでも採用しているソーシャルタイプ診断がおすすめです。

スポンサードリンク

書いてある項目を見て自分に当てはまるものを選ぶとどのソーシャルタイプの人間なのか簡単に分かります。

ソーシャルタイプとはその人の態度や仕草を見て4つのタイプに分類したものをいいます。

自己主張が強く人から指示されるのが嫌いなドライビングタイプ。

意見をはっきり言うので衝突も多いですが意欲があって出世しやすいタイプです。

ムードメーカーで盛り上げ役のエクスプレッシブタイプ。

楽天的な性格で細かいことは気にせずその時の直感で感覚的に生きている人が多いです。

穏やかで静かなエミアブルタイプ。

周りには良い人という印象を与えますが、頼まれると断れない優柔不断な一面もあります。

最後に職人気質なアナリティカルタイプ。

やるべきことを正確に把握し計画通り進めていきますが、人に振り回されることが苦手な為あまり相手とコミュニケーションを取らず1人でできる作業を好みます。

ソーシャルタイプ診断を使って円滑な人間関係を築きましょう。

人間関係に困っているならまずは相性の良いソーシャルタイプを把握しよう

いつも意見が合わなかったり、仲良くしたいのになかなか相手に受け入れてもらえなかったりと人間関係が上手くいかずに困っている人が多くいます。

このように人間関係に困っている人は、まず自分のソーシャルタイプを知り、どのようなタイプの相手との相性が良いのか把握する必要があります。

ソーシャルタイプは、行動派のドライバー・思考派のアナリティカル・協調派のエミアブル・感覚派のエクスプレッシブの4種類に分かれており、

自分がこの中のどのタイプに入りまたどのようなタイプなのか知ることで、自分と相性の良い相手のタイプも知ることができるのです。

そして自分と合わないタイプの人に対しての対応の仕方もわかるので、今まで苦手だった相手との関係も上手く付き合えるようになれます。

このことから、まず人間関係に困っている人は自分のことを良く知ることが大切なのです。

ソーシャルタイプを利用して上手に人間関係が築けるようになりましょう!

ソーシャルタイプがドライビングの人は営業に向いている?恋愛は?

ソーシャルタイプの判定がドライビングだった人は、行動力があり競争心も高く論理重視で何事も成果や結果にこだわるタイプなので、職場では営業に向いているタイプになります。

指図されることを嫌い、常に主導権を握りたがる性格で独立心を持ちあまり感情を出すことなく淡々と意見を述べるので、

時に冷たく見えてしまい勘違いされてしまうことも多く関係を築きにくいタイプになります。

恋愛では同じタイプの相手とならばそういったことも解り合えると思いますが、違うタイプの相手とお付き合いするのであれば少し相手に寄り添う姿勢が必要になってくるでしょう。

またドライビングタイプの人は褒められ慣れていないことから褒められることを嫌うので、このタイプの相手を褒める際には言葉に気をつけなければなりません。

そしてせっかちな性格のためしつこい話はNGです。

話を聞いてもらいたい時には、伝えたいことをできる限り短く簡単に伝えることが大切です。

スポンサードリンク