スポンサードリンク

ヨドバシカメラの株価配当や株価についてまとめてみた。

ヨドバシカメラは現在1部上場しておらず株式該当についても行われていないのが実態です。

そのため株価やその他の点については不透明で投資の対象となっていないため非常に未知数の会社であると考えられます。

ヨドバシカメラは古くから家電量販店として新宿や秋葉原を中心に店舗展開を行っており、これらの地域では非常に重要な店舗として位置づけられていました。

スポンサードリンク

しかし現在ではその他の様々な家電量販店が大規模に進出を図っており現在では第5位と言う売り上げ実績に甘んじています。

近年ですが若干ですが売り上げ高も減っており、家電量販店自身の不景気を差し置いても非常に苦しい状況と言わざるをえません。

ただしその中でヨドバシカメラはカメラを中心に丁寧な接客と販売を行っているとして利用者の評価は非常に高く、新規に参入した家電量販店に比べサービスレベルが非常に高いと評価を受けています。

そのため今後の1部上場が期待されており、その際には高額な株価と順当な配当が行われる会社として期待されるものです。

家電量販店の多くはインターネットの普及により一時的にその売り上げを伸ばしましたが現在では、スマートフォン等により1部の店舗を除いて非常に売り上げが出面しています。

その中で丁寧な販売を心がけるヨドバシカメラは非常に期待される会社となっているのです。

ヨドバシカメラでの値下げ交渉での押さえておきたいポイントとは?

まず下準備が大切です。

ヨドバシカメラに行く前に他の電機屋さん、またはネットやチラシでほしい商品の最安値をチェックしておきましょう。

最安値またはヨドバシカメラより安いところを見つけたら、並んでいる商品と値段を写真で撮っておきます。

スマートフォンでネット検索した場合は店員さんにすぐに見せられるように写メを撮っておくなど、実際に安く販売している証拠をすぐに店員さんに見せられるように準備しておきます。

一社だけでもいいのですが数社での安値を見せられればなおいいでしょう。

準備ができたらヨドバシカメラに出かけて交渉しやすい店員さんを見つけます。

あくまで自分が、この人なら話しやすそうだと思う人でだいじょうぶです。

選んだ店員さんに話しかけましょう。

「この商品、もう少し安くなりませんか?他でもっと安く買えるのですが」と単刀直入に話しかけて問題ありません。

その際に用意しておいた証拠写真を提示してください。

たいていは店の奥に行き上司の了承を得てきます。

証拠さえあればほぼ値段交渉は成功するでしょう。

大切なのは下準備です。

もし交渉が苦手で不安なら、誰かに付き添ってもらうのもいいでしょう。

交渉上手な人を連れて行けば怖いもの無しです。

ヨドバシカメラのポイント制度を詳しく解説してみた。

ヨドバシカメラのポイント制度は、店頭とインターネット通販のそれぞれで提供されています。

ポイントサービスはいずれも入会金、年会費共に無料で、店頭なら商品の購入時にレジで会員になれます。

またポイントは1点あたり1円相当で、貯まっている分は商品を購入する際に支払いの一部に充てられます。

一方の付与は商品ごとに還元率が用意されていて、購入金額に合わせて即座に還元されるのが特徴です。

貰ったポイントは次回に直ぐ使えますから、ヨドバシカメラの異なるフロアで買い物をする時は、次々に割引を受けることができます。

更にヨドバシカメラのポイント制度には、ポイント利用の共通化という制度もあります。

ポイントの共通化は、店頭やインターネットの買い物で貰えるポイントが、個別ではなくひとまとめに管理できる仕組みです。

店頭で貯まったポイントがヨドバシドットコムで使えたり、その逆も実現するのが共通化の魅力です。

ヨドバシカメラの窓口で手続きをする手間はありますが、共通化の完了後はより利便性の高い状態で買い物が実現します。

ポイントの有効期限は最後に利用してから2年間なので、大きな買い物をした後や残高が貯まっている場合は期限切れに要注意です。

共通化の手続き後は、ヨドバシドットコムや携帯電話で残高確認が行えるので、ヨドバシカメラを利用するなら共通化前提で会員になるとお得で便利です。

スポンサードリンク