スポンサードリンク

ムシブギョーの月島 仁兵衛が使う技をまとめてみた。

ムシブギョーの月島仁兵衛が使う得意技をまとめてみました。

まず「常任戦陣」という技があります。

これは2009年サンデー超の夏号にて登場した技ですが、3人の相手にした際に、一瞬にして同時に蹴散らす剣撃です。

スポンサードリンク

戦いは1対1のときばかりではありません。この「常任戦陣」は複数人を相手に戦うときに有効のようです。

第172話に初登場したのが「超本気富嶽鉄槌割り」です。

この技は月島流の技に属するもので、常世の巫女の力を使いながら繰り出す強力な一撃です。

その威力は圧倒的で他の技と比べ物にならないほどです。

通常時には全くどうすることもできなかったような蟲を一撃のもとに粉砕することができるほどです。

第219話に初登場したのが月島流の技の一つ、「富嶽渓流捌き」です。

この技は刀を使って相手の攻撃をいなすことができます。

複数の攻撃であっても軽くいなすことができ、防御の技としても使うことができます。

第89話に初登場したのが「昇り龍」で、やはり月島流の技の一つですが、竜巻のごとく水流が昇り、それを利用して飛び上がり、そのところから攻撃を繰り出していきます。

「富嶽昇り龍」として刀を振った場合は、無数のエネルギーの龍を昇らせることができます。

ムシブギョーの敵の種類についてまとめてみた。

ムシブギョーは、江戸時代に目安箱の意見を採用して作られた巨大な虫を退治するための特殊な町奉行のストーリーです。

江戸の安全を守るために命をかけて全力で戦うムシブギョーのメンバーは、多くのファンから愛されています。

ムシブギョーに登場する敵の種類は非常に多く、それぞれ姿形や能力が異なっています。

その中でも、全ての悪の根源が、常世の蟲です。見た目はまるで童子のようですが、悪意を持って仲間をどんどん増やしています。

その下についている幹部が、大坂五人衆と呼ばれる蟲たちです。

真田幸村や毛利勝永、長宗我部盛親、後藤又兵衛など強者揃いの武者たちが蟲となって襲いかかってくる様子は非常に迫力があります。

ムシブギョーに出てくる敵のキャラクターはとても強く、体の能力は人間を大きく上回るほどですが、それに立ち向かう人間たちが非常に魅力的に描かれています。

触覚を使って人間を殺そうとする蟲たちを頭脳戦で倒していく戦いは、とても興味深くあらゆる年代の子供達から大人まで楽しめる内容となっているのです。

このように、ムシブギョーはさまざまな敵のキャラクターはもちろん、主人公たちの個性を活かした戦闘がユニークで高い評価を得ているのです。

ムシブギョーに登場する武器についてまとめてみた。

ムシブギョーは漫画・アニメ化されており、目安箱から庶民の声を反映して設置された奉行所が江戸を守るというストーリー展開になっています。

江戸時代という設定と奉行所ということもあり、登場人物は武士の格好をしており、それが巨大蟲を退治するための奮闘を描いています。

ムシブギョーに登場する武器には、奉行所が武士から構成されていることもあり、武士の魂である刀を主流とします。

なお刀と言っても特殊な能力を持つ刀になっており、まず塵外刀があります。

登場人物の無涯と有虚が持つ刀で14尺(4.2m)に及ぶ長さがあり、峰の部分に直角となる2つの刃が付いている特徴が見られます。

蟲を切断するとそれを取り込んで、別の武器に変貌する特殊な能力を備えている刀です。

それをバージョンアップさせた形で滅蟲邪刀、塵外刀真打といった刀が見られます。

他にも天羽々斬剣という刀が存在し、これは「常世の巫女」のみが扱うことができるとされてきた刀になります。

振り心地や握り心地が良い刀とされるが、通常時は刀身自体が見当たらない状態で「常世の巫女」の力を柄が吸収することでその力に応じた刀身が表れるとする特殊な能力を秘めています。

具体的には1万の蟲人を薙ぎ払うことができる威力がありますが、「常世の巫女」の力を絞り尽くしてしまうほどです。

スポンサードリンク