スポンサードリンク

ポリエステル製品のものは、アトピー性皮膚炎の人は避けた方がいい?

アトピー性皮膚炎の症状を悪化させる原因として、服の摩擦により肌に刺激を与えてしまうことがあります。

ポリエステル製の服が、アトピー性皮膚炎に必ずしも悪いということはありません。

基本的にはアトピー性皮膚炎には肌触りのよい素材が良いです。

スポンサードリンク

たとえば、サラサラとした感触の素材や、けばけばしたタオル素材はアトピー性皮膚炎には好ましくありません。

一番アトピー性皮膚炎に良い素材は綿を使ったものです。

特に綿が多く含有している素材は毛玉もできにくく、着心地が爽快です。

ポリエステル素材の一番の欠点は静電気が起きやすいということです。

静電気は間違いなく肌に刺激を与えるためアトピー性皮膚炎には好ましくありません。

ポリエステルを使用した服は多くお洒落で安価に手に入ります。

しかし可能であれば、ポリエステルが直接肌に接触する部分を避けて外側に来るように着ることが有効です。

内側には肌にやさしい綿の含有率を高くした素材にすることが有用です。

なお、ポリエステルはホコリが出にくいのでカーテン等には有効です。

レーヨン製品のものは、アトピー性皮膚炎の人は避けた方がいい?

アトピー性皮膚炎の人の肌は非常にデリケートです。

洋服や肌着の素材により、刺激となって気づかないうちにアトピー性皮膚炎を悪化させてしまう場合があります。

アトピー性皮膚炎の人がレーヨン製品のものを避けた方が良い理由は、速乾性が高く、肌の水分を吸い取って乾燥を加速させてしまうからです。

特に、乾燥タイプのアトピー性皮膚炎の人では相性は最悪です。

レーヨン製品は静電気を起こしやすく、その刺激もかゆみを引き起こす一因にもなります。

化学繊維そのものにアレルギーをもっている場合もあるため注意が必要です。

レーヨン製品は表面がなめらかで着た直後から不快感を覚えることは少ないです。

しかし、気づかず着続けているうちに症状が悪化していることもあるため、無意識に肌をかいてしまいがちな就寝時の着用は避けた方が良いでしょう。

毎日着るものだからこそ安心な素材のものを身に着けることで、アトピー性皮膚炎は改善されます。

できる限りアトピー性皮膚炎には肌に優しい素材を選び、毎日のおしゃれを楽しんでください。

ポリウレタン製品のものは、アトピー性皮膚炎の人は避けた方がいい?

アトピー性皮膚炎の人は洋服などから肌への刺激を受けて炎症を起こしてしまうことも多いので、特に肌着には注意が必要です。

衣類にはアトピー性皮膚炎の人の肌への刺激になりやすいもの、なりにくいものがあります。

アトピー性皮膚炎に一番よいとされるのは綿100%の衣類で、これは天然繊維に分類されますが、化学繊維であるポリウレタン素材の衣類の肌への影響はどのようなものなのでしょうか。

化学繊維のなかでも、再生繊維、半合成繊維には肌に触れても刺激が小さいものもあり、また衣服を作る際には天然繊維と化学繊維を組み合わせていますので、一概に化学繊維を避けるべきとは言えません。

しかし、ポリウレタン素材は他の素材に比べ劣化が早いため表面に繊維が飛び出しやすく、これはアトピー性皮膚炎の肌への負担になりやすいので摩擦による痒みや湿疹が出てしまったら着用をやめ、天然繊維のものを着るようにしましょう。

また、素材が硬いものであるほど肌に負担がかかってしまうため、化学繊維よりも天然繊維のほうが安心であるといえます。

やはり直接肌に触れる肌着には綿100%のものを選ぶのが安心でしょう。

アトピー性皮膚炎は完治するのか?その方法と期間は?

アトピー性皮膚炎とは痒みのある湿疹のことを言います。

このアトピー性皮膚炎になってしまう人には傾向があり、

それはアレルギーを起こしやすい体質の人や皮膚のバリア機能が

弱い人に多くみられる病気です。

アトピー性皮膚炎が1度良くなったと思ったらまた再発し、それを繰り返すのがアトピー性皮膚炎の特徴です。

 

アトピー性皮膚炎はとても痒く我慢が難しいです。

しかも我慢出来ずかいてしまうとさらに悪化してしまうので、

きちんとアトピー性皮膚炎の治療に通うことが大切です。

 

アトピー性皮膚炎の治療方法は主にスキンケアや炎症の抑制、アレルギー反応の抑制を薬でおこなう方法です。

炎症が強い場合はステロイド外用薬を使用します。

痒みを抑えるためには抗ヒスタミン薬が効果的です。

このような薬を使うことで炎症を上手くコントロールしていくことが可能になります。

 

そのためには定期的は通院が必要です。

通院は長期化することが予想されます。

何年もかかることもあります。

アトピー性皮膚炎は良くなったり悪化を繰り返す特徴のせいで、

通院しちょっとよくなると通院をやめてしまう人が多いです。

このようなこともあり、アトピー性皮膚炎は完治が難しい病気です。

しかし完治する場合もあります。

アトピー性皮膚炎の原因を排除することも完治にはとても大切です。

子供のアトピー性皮膚炎の原因は食事なの?

子供の身体は、大人よりも周りの環境に適応しやすいので、

アトピー性皮膚炎のような反応がとても出やすいです。

そんな子供のアトピー性皮膚炎の原因は食事であることもあります。

食事が原因の場合は何に反応しているかを知る必要があります。

最初に食べのもを口にする離乳食には注意が必要です。

はじめて食べる食べ物は小さじ1程度の少量からはじめましょう。

必ずはじめて食べた時に反応が出てアトピー性皮膚炎になる訳ではありません。

 

アトピー性皮膚炎になってしまったらどの食材が原因なのか特定することが大切です。

また糖質は体を冷やし痒みが酷くなるので控えましょう。

母乳からもアトピー性皮膚炎になってしまう子もいます。

この場合はお母さんの食事が原因となっているのです。

アトピー性皮膚炎の原因になってしまうこともある食事ですが、

食事を見直すことで改善させることも可能です。

洋食にくらべると和食の方がアレルギーのある子供にとって良い食事です。

まずは朝食のパンをやめて、ご飯に変えるところから始めてみましょう。

子供は自分で改善させることは出来ないので注意して観察しまよう。

スポンサードリンク