スポンサードリンク

ポケモンのハートゴールド・ソウルシルバーのストーリーをまとめてみた。

ゲームにおけるポケットモンスターのハートゴールド・ソウルシルバーは、ポケットモンスターの金・銀のリメイク版であるため、一部追加された施設や機能などを除けば概ねストーリーは一緒です。

ポケモン博士のウツギからポケモン図鑑を受け取ったり、後にライバルとなる謎の人物から研究所からポケモンを盗まれることからストーリーは始まります。

その後は各地のジムリーダーと対決しながらバッジを集めてポケモンリーグを目指していきますが、その途中でロケット団が悪事を働いていることを知ります。

スポンサードリンク

ハートゴールド・ソウルシルバー(金・銀)は、ファイアレッド・リーフグリーン(赤・緑)のストーリーの3年後という設定であり、既にロケット団は退治されたと思われていたので、今回はその残りを殲滅していくことになります。

ハートゴールド・ソウルシルバーの舞台はジョウト地方ですが、チャンピオンを倒してリーグチャンピオンなると、次は前作の舞台であるカントー地方を旅することが可能となります。

ポケモンのファイアレッド・リーフグリーンと、ハートゴールド・ソウルシルバーの違いをまとめてみた。

ゲームにおけるポケットモンスターのファイアレッド・リーフグリーンと、ハートゴールド・ソウルシルバーは、共にゲームにおけるポケットモンスターの初代である赤・緑と、金・銀のリメイク版ということで共通しています。

そして、違いはといえばまずハードの違いが挙げられ、ファイアレッド・リーフグリーンがゲームボーイアドバンス、ハートゴールド・ソウルシルバーがDSとなっています。

また、それぞれリメイク版なので、ストーリーの違いもそれに依存しています。

ファイアレッド・リーフグリーンは、悪の組織であるロケット団と対峙しながら、リーグチャンピオンを目指すというストーリーであり、ハートゴールド・ソウルシルバーはその3年後を舞台としたストーリーとなっています。

初代の赤・緑、その3年後である金・銀がそれぞれ大ヒットしたソフトであり人気が高いため、そのリメイク版であるファイアレッド・リーフグリーン、ハートゴールド・ソウルシルバーも当時は品薄になるくらいの人気を博しました。

ポケットモンスターのハートゴールド・ソウルシルバーで出てきた、伝説のポケモンをまとめてみた。

家庭用ゲームのポケットモンスターの金・銀バージョンのリメイク作品であるハートゴールドとソウルシルバーバージョンで登場する伝説ポケモンについて紹介します。

まずは当然、それぞれの看板モンスターであるルギアとホウオウが登場します。

バージョンによって入手時期が異なりますが両方入手可能です。

また、金・銀バージョンと同じく野生でのランダム遭遇でスイクン、ライコウ、エンテイの3匹も登場します。

初代で登場した伝説ポケモンのファイアー、フリーザー、サンダーの3匹とミュウツーに関しても両バージョンで入手可能です。

いずれかのバージョンでしか登場しない伝説のポケモンとしては、ラティアスとラティオス、カイオーガとグラードンが登場します。

それぞれハートゴールドかソウルシルバーの片方にしか登場しないため、図鑑完成には両方のバージョンが必要となります。

また、バージョンは問いませんが入手条件が非常に厳しい伝説のポケモンとしてレックウザやディアルガ、パルキア、ギラティナも登場します。

スポンサードリンク