ポケットwifiの無制限コースのおすすめランキングトップ10位を作ってみた。

ポケットwifiの無制限コースのおすすめランキングトップ10位を見ると価格の安さよりも通信速度の速い会社が上位に来ているイメージがあります。

最近ではポケットwifiを利用して様々なアプリを利用する人が多く、これらのアプリは通信速度が非常に重要なものが多いため、通信速度が遅いところは価格が安くても使いづらいと言う印象があることから上位にランキングされることが少ない傾向があるのです。

また、最近ではスマートフォンなどでゲームをすることが多く、対戦型のゲームの場合などは通信速度がある程度確保されていないと十分に楽しむことができません。

また動画を閲覧したり、アプリを利用する場合なども通信速度が遅いと快適に利用できず、結果的に乗り換える人が増える傾向にあります。

スポンサードリンク

端末の性能が非常に高まっていることもあり、ポケットwifiを選ぶ場合には自分がよく利用する端末やアプリなどの機能を十分に考慮し、これに見合った通信速度が確保できるポケットwifiを選ぶことが大切です。

ポケットwifiの会社の違いについてまとめてみた。

簡単に持ち運びが可能なモバイルルーター、通称ポケットwifiは、UQコミュニケーションズのWiMAX、ワイモバイル社の本家ポケットwifiがツートップで走っています。

WiMAXの特徴は、利用料金の安さと比べて充実したプラン内容です。

業界最安値を狙っているということもあって、月々3000円以下で利用することができるプランがありながら、即日に利用可能な迅速さと動画視聴にも耐え得る440Mbpsという速い通信を無制限に兼ね備えています。

ソフトバンク系列のワイモバイル社は、リーズナブルな価格帯には、7GBまでなら自由に使用できる機種が多いです。

そして、長期利用をすることで料金が割安になることが特徴的です。大体が3年の継続利用を約束する契約になります。

まとめてみると、UQコミュニケーションズのWiMAXは安くて満足したい人向けで、ワイモバイル社は長期でポケットwifiの使用が決まっていて、なおかつソフトバンクユーザーの人に向いているということになります。

ポケットWIFIの海外レンタルについてまとめてみました。

レンタルのポケットwifiが1台あれば、海外でもパソコンやスマートフォンなど無線LANに対応している機器を接続してインターネットにアクセスが可能です。

安心の定額制にしておけば追加料金の心配もなく、日本にいるときと同じように使え海外渡航には欠かせないアイテムです。

サービスを利用できる国や地域は世界で200以上あり、日本人が渡航する先をほとんどカバーしているのが特徴です。

中にはガイドブックすら手に入らない国もあるため、インターネット環境が確保できるのは心強い存在になります。

データ利用量の目安は大手3社では3Gや4Gといった大容量タイプのデータ量が設定されていて、メールや道案内などを充分楽しむことができます。

ポケットwifiのレンタルには充電用アダプタやマルチ変換プラグも含まれていて、渡航先でも安心して使用できます。

予備のモバイルバッテリーが欲しいときは、オプションサービスでつけることが可能です。

スポンサードリンク