スポンサードリンク

ヘヴィーオブジェクトのキャラクター紹介を書いてみた。

ヘヴィーオブジェクトは蒲池和也による人気のライトノベルですが、キャラクターが個性的なので好きなキャラクターにはまっている人も多いことでしょう。

ヘヴィーオブジェクトのメインキャラクターを紹介すると、主人公のクウェンサー=バーボタージュは、正統王国軍に所属する学生で平民の出身です。

年齢は17歳で脇の下でイロイロされたい性癖の持ち主です。

スポンサードリンク

肩に届かない程度のサラサラした金髪の少年で、線が細く女顔の優男という見た目と違い、真面目ではなく行動力があります。

ヘイヴィア=ウィンチェルは正統王国軍に所属する兵士で、有力貴族ウィンチェル家の嫡男です。

兄と妹が複数人がいますが、階級は上等兵で年齢は17歳です。

足の裏でイロイロと踏んで欲しい性癖の持ち主です。

短い茶髪を真ん中に分け、多少筋肉質な体格の少年で、不真面目で気取らない大雑把な性格の持ち主です。

ミリンダ=ブランティーは、ヘヴィーオブジェクトのヒロインで正統王国軍に所属するエリートです。

年齢は14歳ですが階級は中尉で、小柄で儚げな印象からお姫様と呼ばれています。

肩にかかるふわっとした金髪なので。色白な肌で繊細な体格の少女です。

フローレイティア=カピストラーノは正統王国に所属する女性将校で階級は少佐です。

年齢は18歳で長い銀髪に紫色の瞳をもつ美女です。

ヘヴィーオブジェクトのオブジェクトについてまとめてみた。

ヘヴィーオブジェクトは、高耐火反応の鋼板や耐核用の鉛層を積み重ねた積層構造の絶対的な防御性能を有するだけで無く、20万トンの巨体を時速500km以上で3次元かつ水陸両用で移動する事が可能な超大型兵器です。

その為、ヘヴィーオブジェクトの世代と機数で勝敗が決するのが常識とされる一方で、クウェンサーやハニーサックルの登場によって常識の根底が覆されます。

ヘヴィーオブジェクトには、第1世代?第3世代まで存在し、ストーリーの中核をなしていたベイビーマグナムは総合マルチロール型第1世代であり、資本企業の水陸両用ホーネットストームや信心組織の水陸両用オールドファッション及び自防PMC海洋専用マッドクッカーなどと同格とされています。

第2世代は、ベイビーマグナムの様に全天候及び全天候に対して換装パーツで対応可能な総合マルチロール機の第1世代とは大きく異なり、海上や雪上など限定された環境及び目的に特化した機体設計が行われています。

第2世代には、正統王国軍第24機動整備大隊が異民族粛清に使った換装式水陸両用インディゴプラズマや250mにも及ぶ正統王国の拠点敷設用兵器ロイヤルレジデンスに加え、戦略AIを搭載した情報同盟のラッシュなど数多くあります。

第3世代には、正統王国のニコラシカ王家ディミクシ専用水陸両用機ブロードスカイサーベルがあり、衛星軌道上から発射可能なレーザービームを装備した宇宙開発支援兵器です。

ヘヴィーオブジェクトに登場する武器についてまとめてみた。

鎌池和馬作のライトノベルに『ヘヴィーオブジェクト』があります。

SFアクション作で、未来の地球を舞台に巨大兵器『オブジェクト』が展開する戦争を描いているのです。

現代とは全く異なった戦争形態や世界情勢が描かれております。

『オブジェクト』とは、現代からは想像もつかないほどの巨大な火力と極厚の装甲を持った新時代の大型兵器です。

従来の戦争の常識を抜本的に塗り替えてしまうほどのスケールの大きさを誇っています。

『オブジェクト』が初めて戦場にその姿を現したときなど、迎撃に出た14カ国連合軍の攻撃を鎧袖一触粉砕し、さらに核兵器を被弾して半身が溶けてしまったにもかかわらず、残存していて武力でもって敵を木っ端微塵に撃滅したのです。

この初陣以来、『オブジェクト』は戦争の代名詞的な存在になりました。

ほかにも幾つもの武器が登場してきます。

ベイビーマグナムは、総合マルチロール型第一世代のオブジェクトです。

全長は本体だけで約50mあります。

フロートを取り付ければ海上でも利用することができます。

世界のどんな地域でもどんな天候でも対応しているのが大きな特徴です。

第二世代としてはウォーターストライダーがあります。

これは信心組織の氷雪地帯特化型のものです。

4本の足で地面を蹴って、まるで滑るように移動していきます。

その姿からアメンボ、つまりウォーターストライダーとネーミングされました。

スポンサードリンク