クレカとは違う?プリペイドクレジットカードの種類を比較してみた

プリペイドクレジットカードは、クレカと異なり前払いで使えるカードです。

種類もたくさんあります。

決済の仕方はチャージ式の前払いです。

スポンサードリンク

プリペイドクレジットカードには使い捨てと繰り返し使えるタイプ、クレジットカード一体型や国際ブランド搭載タイプがあります。

比較してみるとクレジットカードにプリペイド機能が搭載されているタイプと、使い捨てタイプがあります。

他にも最近はiTunesカードなどもありますがこれも1種のプリペイドカードです。

 

便利が良いのはやはり国際ブランド付きのプリペイドクレジットカードです。

実用性があり一番クレカに近いです。

使い捨てタイプはコンビニでも購入が可能ですが、国際ブランド付きだとクレカと同じようにカード会社へ申し込みます。

国際ブランドが付いているとブランドの加盟店で使えます。

カードの使いやすさは国際ブランドで決まることが多く、得に海外で使うときには付いていた方が便利です。

とくに「VISA」と「Master Card」は使える店も多数あるので一枚は持っておいても良いです。

プリペイドクレジットカードのコンビニでの作り方

クレジットカードを所持するのが不安という人にはプリペイドクレジットカードがおすすめです。

このカードはチャージされた金額がそのまま利用限度額になります。

使い過ぎを防止することができ、盗難の被害も最小限に抑えられるのが特徴です。

プリペイドクレジットカードを作るのに面倒な審査はありません。

 

プリペイドクレジットカードの作り方は最寄りのコンビニで購入するだけなので簡単です。

カードタイプの場合は、店頭に置かれているカードをレジに持っていき、購入金額を支払うだけです。

購入したその日から使うことができます。

カードタイプのものには使い捨てのものとチャージして何度も使えるものがあります。

ネットで使うカードレスタイプの場合は、コンビニのチケット発券機を利用して手続きします。

発券機からレシートが出てきたらレジに持っていき購入金額を支払います。

レジでの決済後、シリアルコードが記載された用紙を受け取って、ネット上でコードを入力すると使えるようになります。

プリペイドクレジットカードの使い方 チャージ方法は?返金できる?

プリペイドクレジットカードは、スーパー、コンビニエンスストア、飲食店、オンラインショッピングサイトなどの決済の際、一般的なクレジットカードと同様の使い方ができる上に、審査不要で気軽に所持できるのが、便利で嬉しいカードです。

ショッピング枠は存在せず、あらかじめチャージした金額の範囲内しか利用できない仕組みのため、使いすぎの防止や、万が一、第三者に不正利用されることがあったとしても、被害額はチャージされた金額のみに留まるというメリットもあり、安心して利用できます。

 

そんなプリペイドクレジットカードのチャージ方法は、公式ホームページの会員ページにログインし、一般的なクレジットカードや、オンラインバンキングで決済を行ったり、カードブランドによっては、提携しているコンビニエンスストアなどのレジで、現金を支払ってチャージできるケースもあります。

一旦チャージした金額は、原則として返金はできませんので、プリペイドクレジットカードは、計画的に利用したいところです。

スポンサードリンク