フレイルとは?その定義とチェック方法

フレイルとは厚生労働省の報告でも指摘されている、高齢者に起こりやすい症状です。

高齢者になると精神や肉体が弱ってきて、それによる問題が起こります。

精神的な問題は引きこもりなどの症状になりやすく、肉体の衰えは健康問題になります。

スポンサードリンク

 

フレイルの定義は体の臓器の機能が低下し、体を保持するエネルギーが欠乏する事をいいます。

その結果精神的な負担にも弱くなって、精神や体の病になる事をフレイルと表現します。

フレイルのチェック方法はいくつかありますが、日頃からよく行動しているかが重要です。

よく行動をしていない場合はフレイルの可能性が高く、外出や他者との話し合いの多さが基準になります。

他の点では体重の減少がないかという点や、転倒をしていないかも重要になります。

フレイルは高齢になって身体的な能力と、精神的な能力が低下する症状です。

早めに気づいて対応すれば予防もできるため、日頃から症状がないかチェックすると改善できます。

フレイル予防に効果的な体操や運動とは

フレイルは高齢者の精神や、肉体が弱くなったことを表す言葉です。

この状態になると介護が必要になりやすく、早めに対応することが大事です。

 

フレイル予防のためには体を動かべきで、適度な運動をすれば予防できます。

効果的な体操としてはタオルや、ゴムなどを使って体を動かすものがあります。

この運動ならば室内でもできますし、やり方を工夫すれば全身の筋肉を鍛えられます。

他の方法としてはウォーキングもよく、適度に歩くとフレイルを予防できます。

歩くことは体全体に効果があるので、毎日歩いていると健康状態を維持できます。

 

フレイル予防ではタオルやゴムなどを使った、室内でできる体操がやりやすいです。

室内でもできるものならば負担が軽いですし、寒い日や暑い日でも簡単にできます。

ウォーキングも効果が高いといわれて、日頃から歩いていればフレイル予防になります。

フレイルの症状になると改善が難しくなるので、予防のために運動することが大事です。

フレイル対策!予防には食事が大切!

フレイル予防の食事には、人間の筋骨や脳機能を支える栄養も豊富でなければいけません。

高齢の年代になってくると、次第に食事量も減少するため、タンパク質の不足による筋力低下が問題になります。

フレイル対策を万全にするために、肉類や魚類からはアミノ酸スコアが優秀なタンパク質を摂取しましょう。

 

主菜と副菜のバランスを整えることも、フレイル予防の食事で大切な基本です。

主菜には焼き魚や豚肉の生姜焼きを選ぶ一方で、一緒に添える副菜には煮豆や海藻の和え物を選ぶと、各種の栄養分が充実します。

フレイル予防に必要なタンパク質が足りないときには、食事にコップ1杯の牛乳を添えるようにします。

こうすることで、骨や歯を支えるためのカルシウムの不足分も補えます。

 

おやつなどの間食では、小魚やフルーツを食べることで十分な栄養が満たされます。

小豆や寒天が使われている和菓子をデザートに添えると、サポニンやタンパク質の摂取量も充実します。

スポンサードリンク