スポンサードリンク

子どもから大人まで大人気のフライドポテトの理由についてまとめてみた。

ファストフードで欠かせないメニューと言えばなんでしょうか、もちろんハンバーガーなどもそうですが、大抵はフライドポテトも一緒に頼んでしまう方が多いでしょう。

ファミリーレストランなどでも、みんなで大盛りのフライドポテトを食べるという方も多いはずです。

年齢や性別を問わずに大人気の食べ物ですが、なぜそれほど人気があるのでしょうか。

スポンサードリンク

まず挙げられるのが、手軽に食べることが出来るという点です。

細くカットして揚げてあるタイプのものがほとんどなので、お菓子などと同じ感覚でつまんで食べることが出来ます。

数人で分けてみることも可能なのがうれしいところです。

また、何かを付けてみることもできて味が変えられるというのも楽しみになります。

そのまま食べて素朴な美味しさを楽しんでみてもいいですし、ケチャップやソース、マヨネーズなどを付けて味を変えてみるのも楽しいものです。

また、適度な塩気が気持ちよさにつながるという事もあります。

疲れた時などに食べると元気が出たという経験をした方も多いのではないでしょうか。

食べやすく美味しいフライドポテトですが、油で揚げてあるものですから多くの量を食べてしまう事は健康上避けたいものです。

適度な量を楽しんでいきましょう。

フライドポテトによりよくおいしくあげるコツをまとめてみた。

小さなお子さんにも人気のメニューであるフライドポテトは、そのまま食べてもおいしいですし、ステーキなどの肉料理の付け合せとしても大活躍してくれるので普段から食卓によく出すという方は少なくありません。

市販の味をそのまま楽しむのも良いですが、せっかく食べるなら外はカリカリ、中はホックリとした食感を楽しめる揚げたてが1番なので、自宅で美味しいフライドポテトを作るポイントをご紹介します。

まず生のじゃがいもを揚げる際には、カットしたポテトをそのまま揚げるのではなく一度ボールに水をはってカットしたポテトを一時間ほど水でさらしておくことが重要となります。

この一手間をかけるとポテトに含まれているでんぷんが水に溶け出すので、水にさらさないとベタッとした仕上がりになるのを防いで、カリッと揚げることができます。

またポテトをあげる際には、薄力粉3:片栗粉2の割合で作った粉をコーティングしておくとじゃがいものホクホク感を残しつつ、ムラなくカリッと揚げることが出来るのでおすすめです。

時間に余裕がある方は最初は低温でじっくり揚げてから、もう一度高温で二度揚げすることによって表面がカリカリとした状態に仕上げることができます。

フライドポテトにつけるたれの中で人気ナンバー1をまとめてみた。

ファーストフード店やファミリーレストランに行くと、多くの人が頼んでいるフライドポテトですがどんな食べ方があるでしょうか。

定番の食べ方には、塩をまぶして食べるのが一般的ですが、その他にも食べる方方法はあります。

フライドポテトの食べ方には、たれをつけて食べる方法がありますが、その中でも人気ナンバーワンなのは、ケチャップと言えるでしょう。

居酒屋などでフライドポテトを頼むとケチャップが添えられて出てくる事が多いですし、多くの人が利用している方法です。

ケチャップがある事によって、その酸味と合わさってポテトの旨味が増していくような感じになりますので、多くのお店で実践されている方法です。

ケチャップをつける量も適量があり、あまりたくさん付け過ぎてしまうとケチャップの味ばかりになってしまいますので付け過ぎには注意しなくてはなりません。

人気ナンバーワンといえばケチャップだったとしても、その他にも明太子とマヨネーズを混ぜためんたいマヨや、マヨネーズだけをたれとして使う方法もあります。

定番のケチャップ以外にも、独自の方法によって美味しい食べ方を発見していけば、美味しいフライドポテトがますます美味しくなっていきます。

スポンサードリンク