ブルーライトが目に与える影響は?除去したほうがいい?

スマートフォンの普及と比例して、ブルーライトの問題が報道されるようになりました。

このブルーライトとは人間が見ることができる光の中で最も強いものです。

通常、影響が出るような光は網膜に達する前に吸収されます。

スポンサードリンク

しかしブルーライトだと角膜や水晶体を通過してしまい、奥深くまで達することは避けられません。

これによって目の疲労や疾患を招きやすくなることが懸念されています。

まだ多くの研究余地が残されているとはいえ、きちんと除去しておくことが大切です。

こうしたニーズを受けて有害な光を一部カットするメガネやフィルムが販売されるようになりました。

特に仕事や趣味で長時間画面を見つめている人にとっては、非常に有用なアイテムです。

疲れ目を抑制する効果も期待できますから絵を描く人にとっても定番アイテムとなっています。

それを放置すると肩こりなどを引き起こすこともありますので、注意が必要です。

不調を感じる前に除去できるアイテムを用意して影響を抑えるべきでしょう。

パソコンやスマホのブルーライトで網膜剥離になる可能性があるの?

パソコンやスマホの画面の光の中には「ブルーライト」という目に対して非常に影響力を持つものが含まれています。

これは可視光線の中でも波長が最短で最強のエネルギーを持つと言われている光で、

目で見ている際には途中の角膜・水晶体において吸収されることなく、網膜にまで達することが分かっています。

パソコン・スマホのLED画面、LEDの照明にはブルーライトが特に多く含まれていますので、

朝から晩まで使用する機会が増えると、最悪の場合には網膜剥離に繋がる可能性もあります。

網膜剥離の前兆としては飛蚊症という目の病気がありますが、これは視界に黒い点などがチラチラと見えてくる症状です。

また、電子機器の使いすぎで近視になったり、目が乾燥したり、目に疲労が溜まったりすることで飛蚊症になることが多く、

強度の近視は硝子体の液化が進行し、そこへブルーライトの影響で活性酸素が発生すると硝子体がより濁りやすくなり、網膜剥離へと繋がることがあります。

目の保護に!ブルーライトをカットできるメガネ・フィルム・アプリについて

目に有害なブルーライトはパソコンやスマホといった電化製品から発せられており、眼精疲労などの原因になります。

そのため日ごろから目を保護するためにブルーライトカット効果のあるメガネを身に着けるのがおすすめです。

目が悪い人でもそうでない人でも身に着けられるよう、たくさんの専用メガネが販売されています。

更にお手軽なのはブルーライトカット効果のある特殊フィルムをパソコンやスマホの表面に貼り付ける方法です。

若干画面が暗く感じられますが、保護効果をすぐに実感することが出来る上に、比較的リーズナブルに購入することが出来ます。

また、スマホであればブルーライトをカットしてくれる専用アプリをインストールするのも良いでしょう。

画面の暗さや色の調整も簡単に行え、夜間モードもあれば寝る前にスマホを利用する人にぴったりです。

一つ一つの対策をしていけば目を簡単に保護することが出来るため、眼精疲労の予防、改善を感じられるでしょう。

スポンサードリンク