スポンサードリンク

バイト初日だけどすぐに辞めたい!電話で伝えても大丈夫?

バイトの初日にすぐに辞めたいと感じる方も居られるかもしれませんが、辞める際にはどうしても急ぎであれば電話で伝えても問題はありません。

但し、相手に対しての印象はあまり良くないので、バイトを辞めたいなら直接バイト先まで訪問し、辞めたい理由を伝える方が良いでしょう。

折角雇って頂いたので、後々の事を考えると電話で伝えるより訪問する方が印象も良くなります。

スポンサードリンク

また辞めたい理由を話すことにより、解決してバイトを続ける事が出来る可能性も出てきます。

バイトは続けるのも辞めるのも大変ですが、初日ですぐに辞めたい場合は何かしらの原因が考えられますので、

いきなり辞める事を電話で伝える前に話し合いを行う方が解決の糸口が見つかる可能性が高いです。

ただどうしても難しい場合は電話で誠心誠意すぐに辞める事に対して謝罪を行えば、電話だけで伝えても問題ありません。

少し気が重くなるかもしれませんが、暫く経てば時間と共に徐々に忘れていくはずです。

始めて1ヶ月や2ヶ月だけどバイトを辞めたい!いい言い方は?

アルバイトを始めても、なんだか合わなくてすぐにやめてくなる人も多いでしょう。

でも始めて1ヶ月や2ヶ月では、辞めたいとは、なかなか言いづらいものです。

辞める時の言い方に、悩んだことのある人も多いのではないでしょうか?

短い期間で辞める場合は、あれこれ言いわけをせずに、職種が合わなかったと言うのが一番素直に受けてもらえます。

見え透いた嘘をつくより、相手に不快感を与えません。

人によって合う合わないはあるので、自分には向いていないことを伝えてみましょう。

どうしても言いづらい人は、時間帯が合わないなど根本的にできないことを理由にしましょう。

一番NGなのは、無断で行かなくなることです。

これが一番困るのです。

バイトでも最後の日まで責任を持って仕事をしましょう。

誠実な態度ならとがめられることもありません。

早期に辞めてしまうバイトの人はかなり多いです。

意外と日常茶飯事なことでもあるので、悩みすぎないで素直な気持ちを伝えましょう。

自分も相手も気持ち良くいられるように、気づかいを忘れないでください。

バイトを今すぐに辞めたいけどシフトが入っている場合はどうしたらいいの?

今すぐにバイトを辞めたくなったり、急な事情で辞めなくてはいけなくなったことはありませんか?

そんな時に困るのが、すでに入っているシフトです。

辞めたいけど、自分のシフト分がどうなるのかも気になるでしょう。

一番は入っている分はすべて終えてから辞める事です。

でもどうしてもダメな時は、代わりの人を探しましょう。

人がいなくて雇い手側が困ることもあるので、代わりに入ってくれる人は自分で探すのが良いです。

最後まで責任を持つことが大切なのです。

人数の多い所なら簡単に見つかるかもしれません。

でも少ない場所では代わりが見つからない場合もあります。

その点は雇い主にきちんと相談をすることです。

OKが出ることもあれば、最後まで出てと言われることもあります。

病気やどうしても出られない事情以外なら、バイトを優先することも頭に入れておくのも大切です。

バイトでも仕事は仕事です。

辞めるまできちんと対応するすることで、円満にやめることができるでしょう。

バイト辞めたい!メールで伝えても大丈夫?

バイトを辞めたい!

でもいざそうなったとき、「なんて言えばいいかな?」「すぐに辞めさせてもらえるかな?」という不安、皆さんあるかと思います。

せっかく雇ってもらったのだからとなかなか言い出しにくいものですよね。

そこで円滑に円満にバイトを辞める事を伝える方法を紹介したいと思います。

まず伝えるタイミングは、法律上、辞める前の2週間前となっています。

バイトの内容や人数など、会社によって違うので、はっきりと言えませんが1カ月前までには伝えるのがいいと思います。

2週間という短い期間だと、会社側も、手続きや次のバイトを探す時間があまりありませんので迷惑がかかってしまいます。

かと言って、早めに伝えるとしても辞める時は言い出しにくいですよね。

「会って話すのは言いにくいから、メールで伝えればいいか」と思う気持ちは分かりますが、バイトを辞めることは直接会って言うべきです。

今の時代、メールやライン等で簡単に連絡を取れるようになっていますが、顔を見て話せないので上手く伝わらなかったりトラブルの原因にもなります。

最初は面接を経て、信頼されてバイトとして採用されますよね。

あなたを雇ってくれたバイト先です。

メールではなく直接会って、きちんと辞める事情を話すのが、気持ちのいい誠意のある辞め方だと思います。

そうすることで、バイト先も辞めるための手続きや、お給料の支払いなど、あなたが辞めるにあたってやるべきことがスムーズに行えます。

あなたのためにお給料を出して、あなたを育ててくれた会社です。

感謝の気持ちとともに誠意を持って伝えれば、相手にもちゃんと届きます。

お世話になりました!と直接会って伝えることができれば、気持ちよくそのあとの人生も上手くいきそうですよね。

高校生がバイトを辞めたい時に使えるおすすめの理由は?

高校時代のバイトは、初めてお給料をもらえる場所ですし、違う年齢の方とも交流ができる特別な時間です。

中学生の時とは違い、自分で働いてお金をもらうという経験が、これからの人生にとても役立つと思います。

でも初めてのバイト経験ですから、そこで「接客業向いていないかも」「忙しすぎる!」など、自分が思っていものとは違ったと感じることもあるかと思います。

もし「今バイトを辞めたい!だけど何て言って辞めればいいの?」と悩んでいる方がいれば参考にしていただきたいと思います。

まずは、時間をとってもらい、「今後のバイトについてお話ししたいことがあります。」と伝えましょう。

辞める理由は、部活、就職活動、進学などを理由に挙げるといいでしょう。

「時給が安いから。」「人間関係が嫌だから。」などの消極的な理由であったとしても、円満に辞められるように前向きな言葉で伝えましょう。

「大学に進学するために学業に専念したい。」「早めに就職活動を開始したい。」など応援してもらえるような言葉だといいですね。

よく使われる「一身上の都合で」という言葉もありますが、濁さずはっきりとした理由を伝えたほうが、キッパリと気持ちよく辞められます。

バイトで得たものはたくさんあると思います。

お金を稼ぐ大変さや人間関係の育て方など学ぶことも多かったと思います。

その感謝の気持ちとともに伝えることで、今後の人生経験にも活かせると思います。

スポンサードリンク