バイトの面接のマナー 服装や髪型は?

バイトの面接ではマナーを見られていると考えて臨む必要があります。となれば、その服装は出来るだけ一般的なものとするといいでしょう。スーツとまではいかなくても、人がマナーを試されていると考えられるような恰好をしていくことは必要です。学生のバイトであっても出来るだけおとなしい系の服装を選んでいく方がいいでしょう。

 

髪型も出来るだけおとなしいものとするべきです。これは派手なものがいけないというのではなく、マナーとして人に雇ってもらうわけですから、人の話を聞いて仕事をする必要があることです。人の話を聞くことも出来ないようでは、まず雇ってもらうことは出来ません。ですから、寝癖があるというようなことも問題外です。

 

面接に行く前にはしっかりと自分の顔と服装を見て、これから人の話を聞いてその仕事をするのだと思われるような状態で行く必要があります。マナーは常識のレベルでは判断すればいいでしょう。知識のあるなしではありません。

【バイトの面接】好印象を与える長所とは?責任感?笑顔?協調性?

バイトで採用してもらうには面接担当者に良い印象を与える必要があります。特に人気があるバイトの場合は、他の応募者より自分が貢献できる人物であると感じさせなければなりません。そのためにはバイト先にとって、有益な影響を与えられる長所を持っていることをアピールするのが一番です。

 

たとえば責任感が強いことは、好印象を与えやすい代表的な長所です。社員でないからといって責任感が欠けている人もいますが、そのような人物には安心して仕事を任せられません。

 

また、自然な笑顔を作れることも好印象を与えやすい長所です。接客業では笑顔で振る舞えることは必須の条件といえますし、笑顔が素敵な人がいると職場の雰囲気が良くなる効果もあります。

 

さらに多くの職場では、仲間と協力して仕事をすることになるので、協調性があるという長所も高く評価されやすいです。先輩の指示を素直に聞いたり、後輩に優しくフォローをしたりできる人材は重宝されます。

バイトの面接で落ちる人の理由と特徴

バイトは誰でも採用されると考えられがちですが、実際はそんなことはありません。応募者が採用数に満たない場合でも、落ちることがあるのです。それは採用側に問題があるわけではなく、面接に臨む応募者に問題がある場合がほとんどです。

 

バイトに落ちる人の理由として真っ先に挙げられるのは、面接時に最低水準を満たしていないことです。たとえば、募集要項に記載されているにもかかわらずその内容を考慮しない条件を望んでいたり、あからさまに働くということに対して否定的な態度を持っている場合です。

 

採用側としては、バイトとして雇われた人であっても従業員であり、自社の業績にも関わることであるため慎重に判断せざるを得ないため、こういった人は採用されません。

 

また、面接で落ちる人の特徴として、清潔感がないことが多くあります。爪を切っていなかったり、髪が度を超して伸びていたり、服装に全く気を遣っていない人が面接に来ると、真っ先にマイナス評価となり落ちてしまうのです。