バイトの初日に遅刻してしまった時のオススメの言い訳

バイトは学生に人気のある仕事で、社会人でも副業として働いている人はいます。

ただこの仕事の初日に遅刻をした時は、何らかの言い訳をしないといけません。

おすすめの言い訳としてあるのは、時間や日時を間違えていたというものがあります。

初めて働くわけですから時間を間違える事は、案外あるので認めてもらえる事も多いです。

他のよく使われるものは体調不良で、体調が悪くで家を出るのが遅くなったというものもあります。

病気が原因であることや、何らかの勘違いを言い訳にする事は少なくないです。

そういう事はある程度はあるので、ちゃんと謝れば認めてもらえることもあります。

 

時間の勘違いや病気による問題は、よく使われますが財布や携帯電話を落とした言い訳も使われます。

財布や携帯電話は重要なものですから、その理由ならばある程度説得力があります。

バイトの初日に遅刻をしてしまった時は、相手が納得しやすい言い訳を考えるべきです。

おすすめなのは日時や病気が原因のもので、何かを落としてしまった事も理由として使えます。

バイトに遅刻!謝罪はメールでも大丈夫?

誰しも思いもよらずバイトに遅刻してしまう可能性はあります。

ひとり暮らしならなおさら、アラームに気付かず寝過ごしてしまうこともあります。

意図的な理由ではなく、寝坊や交通事情など理由はさまざまですが、遅刻するなと思ったらバイト先への謝罪は本人が電話で伝えるのが一般的です。

 

声が出ない電車やバスの中など、どうしても電話ができない状況でない限り、メールで遅刻の謝罪をするのは失礼にあたります。

また、本人ではなく親や配偶者など他の人に連絡をしてもらうのも信頼を失いかねません。

 

遅刻するということは、恥ずかしかったり自分のふがいなさを感じたりもするものですが、正直に謝罪をすれば相手に気持ちは伝わります。

安易にメールで遅刻すると伝えてしまうと、いくらバイトでがんばっていても信用してもらえなくなる可能性もあります。

メールは簡単で相手の表情も見えないので、ついやってしまいそうになりますが、相手にも自分の気持ちが伝わらないということは覚えておきましょう。

バイトに遅刻する夢を見た場合の心理とは?

人間は寝ている間に夢を見るものです。

これはすべての人に共通したものです。

そこから、夢占いが盛んに行われるようになってきました。

占いとはいえ、その人の内面の心理が反映された側面がありますので、単なる遊びではないというのが一般的な考え方です。

 

さて、もしバイトに遅刻する夢を見たとしたら、その人はどんな心理状態に置かれていたのでしょうか。

日本社会では、時間に関しては非常にシビアな考え方をする空気がありますので、決められた時刻に遅れるというのは、好ましい事態ではありません。

バイト料が削られるだけでなしに、信用を落とす危険性もあります。

バイトに遅刻する夢というのは、実は現実逃避の願望のあらわれだとされています。

いま抱え込んでいる重圧から逃げ出したいとの心理が、バイトに遅刻する夢として出てくると理解すればいいでしょう。

こんな夢を見る人は、几帳面で手抜きができない完璧主義の人が多いようです。

それだけに重圧からのストレスを感じやすくなる部分があります。