ドローンを飛ばすのに資格は必要?どんな種類があるの?

ドローンは自動車と違い、運転そのものに資格が必須というわけではありません。

しかし用途に応じてライセンスが必要となる場面があり、その種類も複数にまたがっています。

これらを正しく把握しないと、違法行為に問われることも考えられますので要注意です。

スポンサードリンク

 

もし遠くまで飛ばす機種を操りたいのであれば、ある国家資格が要求されます。

それは第三級陸上特殊無線技術士で、無線機器の取り扱いに関するライセンスです。

業務用のような高い位置まで飛行できるドローンだと、まず取得しておかなければなりません。

また、農薬を散布するケースでは、農林水産省の認定制度が実施されることになっています。

 

そもそも現在では資格よりも、航空法を遵守することが大切です。

もし住宅街の上空などを飛ぶならば、国土交通省の許可を得なければ罰せられます。

こうした現行の法律に基づく知識も必要となるため、各地では学習の機会として民間検定も開催中です。

これらのライセンスを持っておけば就職にも有利になりますので、積極的に受験していきましょう。

ドローン検定の種類・会場・難易度を調べてみました

ドローン検定とは、ドローンを扱う者の知識レベルを客観的に評価する意味合いを持つ検定です。

種類としては、1級~4級まであります。

マークシート方式を取っており、実技試験はありません。

会場となる場所は、毎回変わるため、前回は会場になっていた場所も、今回は会場にはならないといった場合もあります。

このため、受験要項をしっかりと読み込む必要があります。

 

試験の難易度としては、4級や3級は、テキストを数回読み込むだけで合格できてしまう程、難易度が低い試験です。

物理の概要の問題も出るので、文系出身の方は少し勉強量が増えます。

また1級や2級も難易度が低いです。

合格者がホームページに記載されますが、そこから合格率が大体7割程度であることが分かり、難易度の低さが伺えます。

そして、1級や2級はテキストが発売されていません。

試験申し込みの際に、レジュメが送られてくるので、それと3級や4級用のテキストを読み込めば合格する可能性が高いです。

初心者にもおすすめの低価格なカメラ付きドローンは?

カメラ内蔵の無人航空機として多くの人に認知されているカメラ付きドローンですが、最近では1万円以下の低価格な製品の数も増えてきています。

特にドローン初心者の人に練習用ドローンとして人気なのが「HS190W」で、自動離陸や自動着陸はもちろん、ワンキーリターンや3Dフリップ、高速旋回モードや空撮に威力を発揮するFPV機能など、汎用性の高さが人気を集めています。

低価格で操縦をアシストしてくれる機能が搭載されているのは初心者としても使い勝手が良く、オススメのドローンとなっています。

 

また、人気機種である「F186W」も気圧センサーによる高度維持機能やFPV生中継、自動ホバリング制御やHDカメラが搭載されているなど、低価格でありながら本格的なフライトを楽しむことができます。

操作は付属のコントローラーだけじゃなくスマートフォンからでも可能なので、初心者の人でもコントローラーの操作に手間取ることが少ない機種となっています。

スポンサードリンク