ドラゴンクエストの今と初代シリーズのソフトの違いは?

ドラゴンクエストは歴史が長いシリーズです。

初代のソフトはファミコンで販売されました。

最新版のドラゴンクエストのソフトウェアは3DSとPS4のマルチで販売されています。

スポンサードリンク

発売から長い年月が経過しているシリーズであり、初代と最新版のソフトウェアにはかなりの違いが見られます。

違いはたくさんありますが、まず注目したいのが映像表現です。

初代のドラゴンクエストはファミコンで販売されたこともあり、ドット絵で世界が描かれました。最新版のドラゴンクエスト11は立体的な3Dで世界、そして町とキャラクタが描かれています。

また最新版のドラゴンクエスト11ではパーティの人数が豊富です。

また自由にパーティメンバーをセレクトでき、オリジナルの戦略が立てられます。

一方で初代のソフトウェアでは文字通り主人公である勇者が一人で旅をするため、パーティメンバーは増えず、敵キャラクターも一体しか出現しません。

呪文、特技も初代は少なく、最新版に実装されたスキルシステムや不思議な鍛冶、カジノなどもありません。

ドラゴンクエストの人気の秘密について、調べてみた。

ドラゴンクエストはゲームに興味が無い人でも知っているタイトルであることはもちろん、ゲーム機そのものを購入してでもプレイしてみるという人がいるほどの人気があります。

その理由は偶発的なものではなく、緻密に計算されているのです。

人気の秘密として真っ先に挙げられるのがユーザーライクなシステムです。

ゲームをプレイすることに慣れていない人やRPGというジャンルをプレイしたことがない人でも無理なくプレイできるようにゲーム中で適宜説明が加えられるほか、ゲームを進めていくと自然に知識を習得できるように構成されているのです。

そのため誰でも楽しくプレイすることが可能になっています。

また、ユーザー同士のコミュニケーションを重視していることも人気の秘密です。

特に携帯ゲーム機で発売されるタイトルに関してはゲーム機が持つ通信機能を利用してユーザー同士が交流を持てるシステムを搭載していることで一人で楽しむのではなく他人と楽しみを共有することができるのです。

ドラゴンクエストのオンラインゲームと家庭用ゲーム機用ハードウェアとの違いとは?

ドラゴンクエストと言えば国民的なRPGとして非常に有名なゲームですが、最近ではスマートフォンアプリなどでもドラゴンクエストのタイトルのついたゲームを楽しむことができます。

プレイステーションやニンテンドー 3DSのような家庭用のゲーム機で楽しむタイトルとの大きな違いはその内容にあります。

家庭用ゲーム機向けのタイトルについては非常にボリュームのあるストーリーと迫力のある演出が魅力となっており、長時間楽しむことができるのが前提となっています。

一方でスマートフォンアプリのような手軽に楽しめるゲームの場合には短時間でプレイすることができるという特徴が重要視されています。

じっくりと腰を据えて楽しむのが従来型の家庭用ゲーム機向けのタイトルであることを考えると非常に対照的となっています。

ドラゴンクエストのようなネームバリューのあるタイトルでもその仕組みには違いがありません。

手軽に楽しめるタイトルであると言う魅力が多くのユーザーに受け入れられる形で楽しまれています。

スポンサードリンク