スポンサードリンク

ドライブレコーダーのおすすめなメーカーをランキング形式でまとめてみた。

あおり運転が問題となっている現在、ドライブレコーダーは自動車トラブルを避けるために必須アイテムになりつつあります。

最近では画質の向上や録画範囲の拡大など、性能が格段にアップしているドライブレコーダーですが、購入する際は映像の明るさや衝撃センサーの感度の良いものを選ぶことがポイントです。

ドライブレコーダーのおすすめメーカーをランキング形式にすると、1位コムテック、2位ユピテル、3位はケンウッドの順になります。コムテックは車好きな人なら必ず知っていると言っても過言ではないカーパーツのメーカーで、基本性能をしっかりと押さえていながらコストパフォーマンスに優れたドライブレコーダーを製造しています。

スポンサードリンク

スタンダードクラスで1万円前後、ハイクラスで2万円前後が相場です。

ユピテルはエレクトロニクスの総合メーカーで、カー用品ではレーダーやナビなどで知られています。

ルームミラー型や広範囲録画などに対応した、豊富なラインナップが特徴です。

音響機器メーカーのケンウッドはいち早くドライブレコーダー業界に参入した老舗で、日本のドライブレコーダーのスタンダードと言われています。

ケンウッドのドライブレコーダーは単に画像を録画するだけでは無く、安全運転支援機能が搭載されている機種が多いことが特徴です。

事故現場を撮影したドライブレコーダーの提出の仕方についてまとめてみた。

交通事故にあった場合に事故現場を撮影したドライブレコーダーの映像があると責任の所在がより明確になることが少なくありません。

一般的に交通事故の場合、映像がない場合にはどちらが悪いのかを限定することが非常に難しく、当事者や目撃者の証言及び車両の破損の状態などから推測されることが多く、事実と異なる責任割合となってしまうこともあるので注意が必要です。

特に加害者は自分に有利な証言をすることが多く、信号の状況などを偽って証言することも多いので、明確な証拠となる映像があると非常に良いものとなります。

ただしドライブレコーダーの映像があった場合でも、その提出の仕方を誤ると明確な証拠とならないため注意が必要です。

ドライブレコーダーの映像を提出する場合には、位置情報が明確に記録されていることや時間に関する情報が明確になっていることを確認することが必要となります。

合わせて事故の状況や被害の状態なども正確に記録しておくことが良いものです。

最近では事故の前後の様々な状況が責任割合の大きな決め手になることも少なくありません。

そのため事故の瞬間だけでなく前後の状況の映像があればこれらの映像についても併せて提出するとより正確な判断を促すことになるので併せて提出をすることが大切です。

夜間やエンジンを切っている状態でもドライブレコーダーを起動している状態にする方法とは?

近年、煽り運転など運転中のトラブルが多発しています。

それらを未然に防いだり、後から証拠として提出するためにドライブレコーダーへの注目は高まる一方です。

ドライブレコーダーを搭載しておけば、何かあった場合でも映像という記録がはっきりとした証拠として残るので、後々楽です。

運転中はそれで多くの問題が解決するのですが、車が止まっている時にもトラブルが起きないとは限りません。

車上荒らしや夜間のいたずら、当て逃げ等で嫌な経験をすることもあります。

ただ、ドライブレコーダーは車のエンジンを切っている時には基本的に作動してくれません。

それは、多くの場合電源をシガーソケットからとっているためです。

シガーソケットから電源を取ると、車のエンジン・電気系統を停止してしまうと電気が供給されなくなります。

これを防ぐためには、他の電源を考慮する必要があります。

他のバッテリーを供給源としてしまえば、夜間やエンジン停止時にもドライブレコーダーを作動させることが可能です。

現在では、専用のバッテリーも販売されており、エンジンがかかっている間に充電しておいて停止時にドライブレコーダーを動かすことができます。

連結させてさらに長時間ドライブレコーダーを動かすこともできるので、夜間のトラブル等を追いかけるのに役立ちます。

エンジンの停止時に嫌な経験をしたことがある人や、その心配をなくしたい人にはおすすめです。

スポンサードリンク