スポンサードリンク

一戸建てで防犯カメラの設置を業者に頼んだ場合の費用

一戸建ての場合、防犯対策は自分で行わなければなりません。

空き巣や忍び込み、居空きなどの方法で侵入窃盗が行われるケースが増えています。

これらの侵入窃盗を防ぐために、防犯カメラを設置することは効果的です。

スポンサードリンク

侵入窃盗を行う犯人は、思い付きでその家をターゲットにする訳ではありません。

念入りに下見をして計画を立てた上で行います。

犯人が入りやすい家というのは、侵入しやすく逃げやすい、怪しまれにくい、防犯意識が低い、人通りが少ない、建物に死角があるという特徴があります。

立地条件的にこれらが当てはまる家であっても、防犯カメラを設置することで、泥棒が侵入を諦める家になると言えます。

 

一戸建ての家で防犯カメラを業者に設置してもらうのにかかる費用は、9万円から40万円ほどが相場です。

防犯カメラの画素数や保証の年数によっても違いますし、設置にかかる工事費用は業者によっても違います。

しかし、万が一の場合は証拠となることを考えて、100万画素程度のものを選んでおくのがおすすめです。

ドーム型の防犯カメラ ダミーでも効果はあるか?

費用を節約しながらも防犯のためにダミーのドーム型の防犯カメラを設置している家庭があれますが、本当に防犯効果はあるのでしょうか。

ダミーなのでカメラがあるように見えて録画も撮影も一切されておらず威嚇目的のみで設置されています。

空き巣は人に気付かれる音、光、地域の目、リスクを嫌がりまして、防犯カメラは光と地域の目に該当しており、誰かに見られているのではないかといったリスクを考えさせます。

今だと本物の防犯カメラも機能が向上して価格も低下しているので一般家庭にあってもおかしくありませんから監視しているという事を警告して威嚇していますので大いに役に立ちます。

しかし、ダミーの防犯カメラの選び方や設置に失敗してしまいますとダミーである事がすぐにバレてしまいますので効果はありません。

本物と同じメーカーの物、配線を偽装する、電池等でLEDランプを点灯させるといった工夫も必要となっていまして、ドーム型はカメラ型よりも威嚇効果が低いと言われていますから本物っぽくする必要もあるでしょう。

スマホ対応の屋外防犯カメラでおすすめは?

防犯カメラと言えば、銀行や大企業の金庫室などに設置されているイメージの製品です。

しかし、近年ではごく一般的な店舗にも設置されています。

また公の施設だけではなく、個人宅にも設置が進んでいます。

むしろ近年では個人の家の玄関や倉庫にも、防犯カメラが急激に普及しています。

背景にありますのは、治安の悪化です。

昭和の頃と比較して昨今は何かと物騒です。

 

防犯カメラにはスマホと連動させて屋外の様子を確認出来るものがあります。

スマホに専用アプリをインストールすれば、防犯カメラが撮影した映像をリアルタイムで確認でき、外出先でもその様子が分かります。

スマホ対応の屋外用防犯カメラでおすすめなのは、視野が広いものです。

コンビニ等で見かけるタイプは視野が狭く、いわゆる直線状の映像しか記録出来ません。

屋外の様子を正しく知るためには、視野の範囲が広いタイプがおすすめです。

また360度近く映像が残せるタイプであれば、セキュリティとしてよりベストです。

スポンサードリンク