スポンサードリンク

ダイソーの2017年の商品の売り上げランキング1位のイヤーウォーマーの人気の理由についてまとめてみた。

ダイソーで2017年の商品の売り上げランキングで1位になったイヤーウォーマーは、まずその価格の安さに人気が集まっていると考えられます。

ダイソーは百均の中でもトップレベルの商品クオリティと量が印象的なショップですが、イヤーウォーマーについても男性向けと女性向けに多くの種類が発売されています。

ダイソーの商品は、100円のものが中心ですが中には200円は300円程度で販売されているものも少なくありません。

スポンサードリンク

100円より高い商品については当然それなりの品質や高級感が備わっているため、それ以上の値段に見えると評判です。

イヤーウォーマーは首に沿わせてつけられる男性向けのシンプルなデザインや、女性や子供向けのファーがあしらわれたタイプ、動物の耳に見立てた飾りがついたタイプなど様々な製品が取り扱われています。

中には手袋やネックウォーマーとおそろいでコーディネートできる製品もありますし、様々なカラーバリエーションが展開されています。

最近健康ブームでランニングがブームになっていますし、高齢者の間ではウォーキングも根強い人気です。

そうした外出時を暖かく快適に過ごすのに役立てられるのがダイソーのネックウォーマーと考えられます。

ダイソーの2017年の商品の売り上げランキング2位のボアトートバッグの人気の理由についてまとめてみた。

百均の最大手のダイソーが2017年に売り上げたランキングで2位を記録したボアトートバックは、その温かみのあるデザインと豊富なデザインが注目を集めています。

豊富なカラーバリエーションや柄など好みに合わせて選ぶことが出来ますし、100円ではなく200円や300円という価格帯にもかかわらずそれを上回るほど高級に見える素材感が若い女性から年配の女性にまで支持されています。

冬になると温かそうに見えるファー素材が人気になりますが、ダイソーでもそうした流行に敏感な客層からファーをあしらった小物を求める声は多く、そうしたファッションの流行に敏感な客層から特に人気です。

デザインはシンプルなトートタイプですので、自分でアレンジしてオリジナリティを出した持ち方をしているユーザーも少なくありません。

例えばファーのキーホルダーやチャームを付けたり、バッジをアクセントにするといったオリジナリティを演出するためのベースとしても愛用されており、SNSなどでも紹介されています。

高級ブランドで購入すれば数万円かかることも少なくないファーバッグですが、本革ではなくフェイクファーで作られているダイソーのバッグはいくつも揃えたくなる安さも魅力です。

ダイソーの2017年の商品の売り上げランキング3位のメイクポーチの人気の理由についてまとめてみた。

ダイソーで2017年の商品売り上げランキング3位の商品は、メイクポーチですが、数あるダイソーの製品の中でなぜメイクポーチが人気化というと、そのバリエーションの豊富さが他の百均を圧倒する品揃えでクオリティが高いからと考えられます。

ダイソーのメイクポーチのクオリティの高さはインターネット上でも評価が高く、汚れやすくすぐに買い替えたくなるメイクポーチは安いほうが良いという女性から高い支持を得ています。

有名ブランドからは数千円から数万円もするメイクポーチが販売されていますが、使いやすいデザインや流行の素材使いなどはダイソーも負けていないどころか使い勝手では勝っているというレビューも多くあります。

ダイソーでは使い勝手の良い様々な工夫が施されたメイクポーチが沢山扱われています。

大きさや色、形や素材などスタンダードでシンプルなものからファーやラメなどをあしらったデザイン性の高いものまで様々な年代の女性の心をつかむことができるアイテムがそろっています。

汚れても洗わずに新しいものに取り換えるためには100円のもので十分という考えの女性も多く、又流行のものを頻繁に買い替えたいというわ物のニーズにマッチした商品力が魅力です。

スポンサードリンク