タブレット型PCのおすすめ商品2017年度決定版

タブレット型PCのおすすめ商品2017年度決定版は、マイクロソフトが販売している「Surface Pro」です。

「Surface Pro」は、タブレットモード、ラップトップモードに加え、手描き入力に適したスタジオモードの3つのモードで使いこなす事が出来ます。

また、第7世代のCoreプロセッサーを搭載しているとあって、パフォーマンス性にも優れているのが特徴です。

スポンサードリンク

さらに、色鮮やかな高精細ディスプレイは12.3インチと大きく、画像を高解像度で表現する事が可能です。

しかも、薄くて軽いデザインとなっているので持ち運びやすく、どんな場所でも使う事が出来ます。

気になる重量は、およそ750gから800g程度の重さとなっているので、女性でも持ち運びやすいでしょう。

そしてバッテリーも、最大で13.5時間の動画再生が可能な事から、外出先でのバッテリー切れを心配する必要もありません。

そこで、これからタブレット型PCを購入するという方には「Surface Pro」をオススメします。

タブレット端末のおすすめ商品2017年度決定版

持ち運びに便利なタブレットは、パソコンやスマートフォンと同じく現代の生活に欠かせない物となりつつあります。

近年様々なメーカーから最新型が続々登場していますが、この2017年度に発売されたタブレット端末の中でもおすすめの商品についてご紹介します。持ち運びに便利なタブレットは、パソコンやスマートフォンと同じく現代の生活に欠かせない物となりつつあります。近年様々なメーカーから最新型が続々登場していますが、この2017年度に発売されたタブレット端末の中でもおすすめの商品についてご紹介します。

通信費を大きく節約出来る格安SIMの利用が一般的な家庭にも定着してきたことを含めると、やはりHuaweiから発売されているMediaPad M3 Lite 10 LTEモデル (SIMフリー対応)が注目度が高く、言うまでもなくWi-Fi専用の端末と比較して幅広い場面で活用出来るのが大きなポイントです。

スペックとしてはメモリ3GB、記憶容量 32GBと極端に高いということはありませんが、タブレット端末本体の価格からするとかなりコスパが良いと言えます。

また画面サイズも10.1インチと大きめなので、スマホと合わせて利用する方には特に使い分けしやすいというメリットも有ります。

タブレット端末とタブレット型PCの違いについてまとめてみた。

タブレット端末とタブレット型PCの違いですが、例えるなら前者は「自動車」という表現であり、後者は「軽自動車」といった表現になります。

ほとんど同じ様な意味合いですが、前者の方が意味する範囲が広く、後者の方は特定のモデルを指しています。

詳しくない方からすると、ほとんど同じ意味に見えますが、タブレット端末とタブレットPCは微妙に異なる定義です。

タブレット端末は広い定義であり、電子書籍リーダーやゲーム用のパッドや大手メーカーが販売する一般的なタブレット製品も含まれます。タブレット型PCもまた言葉の意味合いとしてはタブレット端末の一種に含まれます。

一方でタブレット型PCですが、今では殆どWindows製のタブレット端末を指す言葉として使われています。見た目こそ板状ですので、他の端末とそっくりですが、中身は既存のWindowsのOSが採用されており、パソコンソフトが使えたり、基本的な動作が業務用のコンピューターと同じです。

スポンサードリンク