ストレングスファインダーの結果で34の全ての資質を知る方法

ストレングスファインダーは、アメリカのギャラップ社が開発した才能診断ツールです。

Webサイトで177個の質問に答えることで、4つのグループに分かれた34の資質の順位を知ることができます。

スポンサードリンク

これまでは、この資質の順位のうち上位5位までしか知ることはできませんでしたが、追加料金を支払うことにより、34の資質の全ての順位を知ることができるようになりました。

その方法としては、ギャラップ社のサイトからアクセスコードを購入するか、スマートフォンからアプリを利用することになります。

いずれも料金は日本円で1万円前後となりますが、アプリを利用した方が多少安くなります。

これらはすでに出た結果に対しても利用できますが、年齢や状況の変化によって診断結果が変化することもあるため、やはり新規の診断で利用した方が良いでしょう。

34の資質の全ての順位を知ることのメリットは、自分の短所を理解できるという点にあります。

つまり、順位が低い資質ほど、自分に欠けた要素になるということです。

自分の長所を知ることはもちろんですが、短所を知ることもまた、その改善や制御を考慮するために非常に重要な要素となってくるのです。

ストレングスファインダーは34の資質の組み合わせで結果が変わる

ストレングスファインダーとは、自分自身の強みを知る為に、その源泉となる資質を見つける才能診断システムのことをさします。

ストレングスファインダーで明らかになる資質とは強みそのものではなく、強みのもととなるその人個人の思考・行動パターンの傾向のことです。

ストレングスファインダーによって自らの思考・行動の傾向を客観的に把握し、それを意識し効果的に活用することで、自らの強みを育てていくことができるのです。

ストレングスファインダーでは、人がもつ様々な能力をあらゆる角度から抽出して「実行力」「影響力」「人間関係構築力」「戦略的思考力」のカテゴリに分類した34種類の資質を元とします。

WEB上の177問の設問に回答することで34種の中から特に自分に強く表れている資質の上位5つを明らかにする、というものです。

結果は、この5つの組み合わせで変わるのです。

どの資質が選ばれるかだけでなく、その組み合わせに注目することが大切です。

ストレングスファインダーで自我や親密性が強みな人の活かし方

ストレングスファインダーで自我や親密性が強みな人は、自立に伴うリスクを恐れないという特性を持っていますので活かし方とすれば自分自身で仕事内容等の中身を決めていく事が大事です。

また人からの評価を自身のモチベーションの源泉としている方が非常に多くいますから、どのような評価が欲しいかを考えた上で行動をしてください。

信用を高めたり、知名度を上げたり、賞讃されたりとそれぞれが自身への力になりますので、それらを得るための行動や努力が必要です。

そのためには実績という目に見えたものを重視する必要があり、常に高い目標を掲げてください。

逆に言えば裏方や縁の下の力持ち的な役回りは避けるようにして、注目される表舞台で高い能力を発揮するのが強みなので活かす必要があります。

重大な場面こそ周囲の人だはなく自身へ役回りが来るように事前に知らせておき、ハイリスク・ハイリターンな状況でこそ最大限の力を発揮する事ができます。

自身の特性を良く知り行動する事が成功への近道です。

スポンサードリンク