スポンサードリンク

ストライク・ザ・ブラッドの新作OVAで期待することをまとめてみた。

これまでにテレビアニメとOVA、2期までが既に発表された「ストライク・ザ・ブラッド」シリーズの新作OVA「ストライク・ザ・ブラッドIII」の制作が決まり、世間が期待することはやはり古城を巡ったキャットファイトです。

今回の事件は、父親からら結婚相手を決めるよう迫られたラ・フォリアが、相手に古城を選ぶと宣言し、ラ・フォリアの両親のパーティーに招待されるが、とそこには浅葱や矢瀬、凪沙や紗矢華といったお馴染みの面々が揃っているというストーリー展開です。

相変わらず姫柊雪菜は可愛くツンデレを見せてくれるだけでもファンは大満足ですが、ラ・フォリアの家も深く関わってくるようなので、彼女の様々な表情や情報も大いに期待されています。

スポンサードリンク

アニメーション制作はSILVER LINK./CONNECTで、スタッフも監督もテレビアニメからのスタッフだけに、テレビシリーズのファンも安心して美しい画面と可愛らしい女の子を期待できます。

そして何よりもアニメの二期ではなくOVAを再び制作するということで、テレビで制限されるかもしれないようなハチャメチャエロコメもお金を出すことで堪能できるというのがファンには嬉しいことでしょう。

ストライク・ザ・ブラッドの今までのストーリーをまとめてみた。

ストライク・ザ・ブラッドはライトノベル作家である三雲岳斗による学園アクションファンタジーです。

東京の南方海上330キロメートル付近に浮かぶ人工島「絃神島」を舞台に、12体の眷獣を従えて災厄をもたらすという世界最強の吸血鬼「第四真祖」の力を、遺跡の発掘作業中にテロリストに襲撃された自分と妹の命を守るために、先代の第四真祖アヴローラと契約、後に打倒することで受け継いだ主人公、暁古城がその世界すら滅ぼしうる絶大な力を狙う様々な組織、人物に狙われながらも身近な人間を助けるために奮闘し事件を解決していくのが基本的な物語構造となっています。

本作は古城を監視し場合によっては抹殺する使命を与えられ獅子王機関から派遣されてきた後輩の姫柊雪菜や、幼馴染の天才プログラマー藍羽浅葱、男嫌いの「舞威媛」煌坂紗矢華などを中心に多くの女性たちから好意を寄せられていることと、主人公が世界最強クラスの実力の持ち主であることから近年流行しているチートハーレム物と誤解されがちです。

しかし作者の三雲岳斗がライトノベル黎明期から活躍しているベテラン作家ということもあり、物語の構成はどちらかといえばゼロ年代の王道ライトノベルに近いものとなっています。

ストライク・ザ・ブラッドの暁古城の眷獣の特徴をまとめてみました。

ストライク・ザ・ブラッドというアニメの主人公・暁古城は全部で12の眷獣を操ります。

一番最初に登場するのが獅子の黄金です。

レグルス・アウルムと読みます。

姫柊雪菜との接触によって登場しました。

暁古城は女性との接触によって興奮度が高まると新しい眷獣を呼び出せるようです。

作品を通して最も接触が多いのが、姫柊雪菜です。

夜摩の黒剣や水精の白鋼も姫柊雪菜との接触によって登場しています。

一番最後に掌握したのが12番目の妖姫の蒼氷ですが、必ずしも番号順に掌握しているわけではありません。

例えば、一番最初に掌握したのは5番目の眷獣レグルス・アウルムです。

レグルス・アウルムは雷の魔力の体をもっていますが、どちらかといえば直接攻撃向けの眷獣。単純に直接攻撃で相手をぶちのめすというときに使われることが多いです。

それぞれの眷獣は特殊能力を持っています。

例えば、3番目の眷獣であるアル・メイサ・メルクーリは次元喰いであり、あらゆる次元に対して攻撃が有効になるという特殊能力。

11番目のサダルメリク・アルバスは回復の能力・時間をまき戻す能力を持っています。

それぞれの眷獣がもつ特殊能力が、ストライク・ザ・ブラッドの面白さの1つでもあります。

スポンサードリンク