スポンサードリンク

シンギュラリティとは・実現可能かどうかを調べてみた。

シンギュラリティとは「技術特異点」と呼ばれる人工知能問題の一種です。

人工知能の権威であるレイ・カーツワイル博士により提唱されました。

シンギュラリティを厳密に定義することは難しく専門家の間でも意見や解釈が分かれていますが、一般的には「人工知能が人間を超えることで起きる人間に予測不能な状況、および問題」を指していると考えていいでしょう。

スポンサードリンク

分かりやすい例としては「人間を超えた人工知能は人間よりも速く優れた人工知能を作れる」という問題があげられます。

こうして人工知能に作られた人工知能は更に優れた人工知能を生み出します。

するとこれまでの人類では1000年かかっても不可能だった技術進歩を人工知能は数年で達成してしまうかもしれないのです。

では実際にシンギュラリティが実際に実現する可能性はあるのでしょうか?

シンギュラリティに対しては各界の専門家たちが批判や疑問を述べていますが、これらは「シンギュラリティは現在予想されているほど簡単には到達できない」という意見がほとんどであり、シンギュラリティの発生自体は否定していません。

予想よりも時間がかかることはあっても人類がシンギュラリティに到達するのは時間の問題といえそうです。

シンギュラリティを使用されている有名な物語を調べてみた。

技術の目覚ましい発展によって人工知能の性能も格段にアップしてきています。

そしていつか人工知能が人工知能を作り出して人間を超えてしまう日(シンギュラリティ)がやってくるのではないかと考えられています。一昔前はそのような考えはSFの世界だけのものでしたが、ここ数年の人工知能の発展と実用化を見ていると現実味を帯びてきました。

シンギュラリティを題材とした作品は様々ありますが、中でも有名なのが「A.I.」や「サロゲート」、「ターミネーター」、「オートマタ」などでしょう。

人間と機械が共存した世界を描いているものもあれば、機械が地球にとって人間が不要と判断し、排除していく物語もあります。

機械が機械を効率的に作り出すようになり、人間では制御不能な状態になる日がシンギュラリティです。

いずれの作品も現代よりも数十年先の未来を描いた作品ですが、実際にはその年になるよりも前にシンギュラリティがやってくると考えている人もいます。

しかし人間の脳も実際に使われているのは全体の半分以下の領域です。

AIにも無限の可能性がありますが、人間が本来持つ能力もまだ解明されていない部分が多く、人工知能の発展によって人間の未知なる領域が解放される可能性もあります。

シンギュラリティを研究している有名な博士(教授)と研究機関を調べてみた。

SFの世界だと思っていたロボットに知能を持たせる事が最近はAIという言葉が出回っているように現実のものとなってきました。

AIと同時に語られるようになってきたのがシンギュラリティ(技術的特異点)でこれについて研究されている方が注目を集めています。

シンギュラリティとは人工知能が人類の知能を超える事で自分自身を勝手に改修して、更に賢く進化する事を繰り返す事で人間では制御不能となる状態の事です。

勝手に進化して勝手に修復するため手に負えない状態になってしまうのです。

科学技術の発展も人間ではなくて人工知能を持ったロボットがするようになるため、人類最後の発明はシンギュラリティの発端となる人工知能なのかもしれません。

その後は誰も予測できない世界です。

この言葉を使いだしたのは現在のコンピューターの礎を作った天才数学者のジョン・フォン・ノイマン氏です。

アインシュタインが天災は自分ではなくて彼だといったのは有名な話で、2045年にはシンギュラリティの世界がやってくるだろうと予想しています。

シンギュラリティが起きると人工知能が人類を滅亡させるという話はよく聞きます。

人類の知能をはるかに超えた人工知能が意思を持ち始めて人類を滅亡に追いやるという考えがあるからです。

これはフィクションだと思われがちですが世界中の学者たちがリアリティをもって議論されています。

スポンサードリンク